村上 菊一郎(むらかみ きくいちろう、1910年10月17日 - 1982年7月31日)は、フランス文学者、翻訳家、早稲田大学名誉教授。

広島県三原生まれ。1932年早稲田大学仏文科に進み、1935年卒業。吉江喬松西條八十山内義雄らに教わる。フランス語教師として生計をたて、フランス詩の翻訳をおこない、1937年商工省貿易局嘱託となり、1941年仕事でサイゴンに駐在、1943年帰国し大東亜省勤務、1945年応召し三原で入営、敗戦後、1949年早大文学部専任講師、1952年助教授、1957年教授。1981年定年退職[1]

ボードレールランボーなどの詩のほか、『ジャン・クリストフ』『ボヴァリー夫人』など小説の翻訳でも知られる。

著書編集

  • 四季の名詩 日本近代詩鑑賞 大日本雄弁会講談社 1958(ミリオン・ブックス)
  • 愛と恋のすべて 東西文明社 1959
  • マロニエの葉 現文社 1967
  • ランボーの故郷 随筆集 小沢書店 1980.10

翻訳編集

  • 悪の華 ボオドレエル 版画荘 1936 のち角川文庫
  • 巴里の悒欝 ボオドレエル 春陽堂書店 1936 「パリの憂鬱」角川文庫
  • ボードレール全集 第5巻 拾遺詩篇・書簡 河出書房 1939
  • 散文詩 ボードレール 青磁社 1941
  • 秋の日本 ピエール・ロティ 吉氷清共訳 青磁社 1942 のち角川文庫
  • 仏蘭西詩集 正続 青磁社 1941-1943
  • イギリスの君主制 アンドレ・モーロア 時事通信社 1946
  • ボードレール全集 第1巻 悪の華 河出書房 1948
  • ボードレール詩集 蒼樹社 1948(世界詩人叢書)
  • ランボオ詩鈔 浮城書房 1948
  • 三つの物語 フローベル 細川書店 1949 のち角川文庫
  • ボヴァリー夫人 フローベル 思索社 1949 のち角川文庫
  • 風車小屋便り アルフォンス・ドーデ 新潮文庫 1951
  • フランス詩集 新潮叢書 1951 のち文庫
  • アルルの女 ドーデ 新潮文庫 1952
  • モーパッサン全集 第1巻 ココ、冷たいココはいかが 春陽堂書店 1955
  • モーパッサン全集 第2巻 お菓子 春陽堂書店 1955
  • モーパッサン全集 第3巻 お通夜 春陽堂書店 1955
  • モーパッサン全集 第7巻 卑怯者 春陽堂書店 1955
  • でぶの悩み H.ベロー 世界大衆小説全集 生活百科刊行会 1955
  • ヴェルレーヌ艶詩集 風流豆本の会 1955.12
  • モーパッサン全集 第10巻 うみがらすの岩 春陽堂書店 1956
  • 愛の詩集 角川新書 1956
  • ジャン・クリストフ 第1-8 ロマン・ロラン 角川文庫 1956-1967
  • 愛唱詩集 世界編 東都書房 1968
  • 狭き門 ジイド 旺文社文庫 1970
  • 村上菊一郎訳詩集 村上菊一郎訳詩集刊行会 教育出版センター 1986.7
  • 村上菊一郎全詩歌集 村上教枝編 主婦の友出版サービスセンター 1990.7

参考編集

  1. ^ http://homepage1.nifty.com/yasuki-a/Part2-murakami.htm