メインメニューを開く

村上 藤太郎(むらかみ とうたろう、1895年明治28年)2月21日 - 2004年平成16年)7月30日)は、男性長寿日本一だった人物。

兵庫県八鹿町(現養父市)生まれ。1910年ごろ金光教に入信。戦後には朝来教会教会長を務めた。2002年までは朝の祈祷を日課としていた。

2004年7月、腎不全のため兵庫県和田山町(現朝来市)の病院で死去[1]。109歳と160日。男性の長寿日本一だった期間はわずか18日間であった。

出典編集