メインメニューを開く

村井 志摩子(むらい しまこ、1928年7月12日 - 2018年5月9日[1])は、日本の劇作家演出家である。国内での活動よりも、むしろ国際的な活躍が目立つ。本名は葛井志摩子で、プロデューサー葛井欣士郎は夫。筆名は井村愛。

生涯編集

広島県広島市出身。広島県立広島第一高等女学校卒業。東京女子大学卒業。舞台芸術学院(第1期生)で土方与志に学び、卒業後、チェコ留学カレル大学哲学演劇科学科卒業。博士号取得。広島市原爆ドーム世界遺産化推進委員(1994年 - 1996年)、日本チェコ協会理事などを務める。日本ペンクラブ会員。日本演出者協会会員。

代表作は「広島の女」。その他、劇作家別役実女優楠侑子らと共に、かたつむりの会の公演に参加し、一貫して演出を担当していた。藤真利子らを育てている[2]東京綜合写真専門学校の講師も務めていた。

2018年5月9日死去[1]。89歳没。

著作編集

翻訳編集

受賞歴編集

編集

  1. ^ a b 劇作家、演出家の村井志摩子さん死去 「広島の女」シリーズなど”. サンケイスポーツ (2018年5月9日). 2018年5月9日閲覧。
  2. ^ 『広島県風土記』旺文社、1986年、536頁

外部リンク編集