メインメニューを開く

村島 喜代(むらしま きよ、1892年10月1982年3月11日)は日本の政治家衆議院議員(1期)。

来歴編集

新潟県出身。1911年新潟県立長岡女子師範学校卒。津田女子英学塾に学ぶ。その後新潟に戻り、新潟県立高等女学校家庭寮寮監などを務める。戦後の1946年第22回衆議院議員総選挙に新潟県から日本進歩党公認で立候補して当選した。翌1947年第23回衆議院議員総選挙民主党公認で立候補したが落選した。落選後は新潟家庭裁判所調停委員などを務めた[1]。1982年死去。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』639頁

参考文献編集