村松 みさき(むらまつ みさき、1987年7月27日 - )は、日本の演出家劇作家東京都出身。村松みさきプロデュース主宰。日本大学大学院芸術学研究科・舞台芸術専攻修了[1]

村松 みさき
プロフィール
誕生日 (1986-07-27) 1986年7月27日(36歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
主な作品
舞台花火の陰
テンプレートを表示

2009年脚本『軍艦島―負けないみんなの鎮魂歌―』で日本大学芸術学部学部長賞を受賞。同年『近づく星の光うるわし』でドラマ21最優秀作品賞を受賞。2011年日本大学大学院芸術学研究科・舞台芸術専攻を修了。修了時の論文タイトルは『戯曲創作における伏線技法』2013年、同大学院・文芸学専攻を修了。修了制作は小説『猫との併走』20代前半、東京セレソンデラックスにて演出助手を務める。2007年から「村松みさきプロデュース」を主宰。脚本演出俳優の三役を務めながら、映画作品への出演、舞台に女優として出演するなど活動の幅を広げている。また、他劇団への脚本提供も積極的に行っており、これまでに書いた脚本、小説、朗読劇、シナリオ、エッセイの数は習作を含めると、100本以上になる。

作品一覧編集

舞台編集

脚本編集

脚本・演出編集

  • 『さわれない月』(2016年、劇場HOPE)
  • 『花火の陰』(2017年、テアトルBONBON)
  • 『星のいかだ』(2018年、劇場HOPE)
  • 『雨のあと、ダイナマイト』(2018年、中野あくとれ)
  • 『春のガラス窓』(2019年、劇場HOPE)
  • 『こえ、こえて』(2019年、代々木SYDホール) - 『パヤタスに降る星』(山口千恵子)が原作

出演作品編集

映画編集

  • The 48 hour film project 山本祐介監督ショートフィルム作品「ぼくだけのもの ピグマリオン」主演

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 村松みさき”. 村松みさきプロデュース. 2020年2月10日閲覧。

外部リンク編集