メインメニューを開く
村松恒一郎

村松 恒一郎(むらまつ こういちろう、元治元年4月24日[1]1864年5月29日) - 昭和15年(1940年6月5日)は、日本の衆議院議員憲政本党立憲国民党→純正国民党→立憲民政党)、ジャーナリスト

目次

経歴編集

伊予国宇和島出身。宇和島藩士村松喜久造の長男[2]1884年(明治17年)に同人社を卒業後、高野山大学林英学講師を務めた[3]。その後、関西日報、国会新聞、中央新聞、東京朝日新聞大阪朝日新聞などで記者を務めた[3]。やがて雑誌「大国民」を創刊し、また大東通信社の社長を務めた[3]

1908年(明治41年)、第10回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。当選回数は5回を数えた。その間の1919年大正8年)には普通選挙を主張し、立憲国民党内の党議に敗れて離党している[4]

また、1913年(大正2年)以後は東京市会議員や麻布区会議員も務めた[1]

その他に伊達侯爵家委員、山下合名会社顧問などを務めた。

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b 故村松恒一郎位記追賜ノ件
  2. ^ a b 『伊予の事業と人物』
  3. ^ a b c 『衆議院要覧』
  4. ^ 『普選運動史及普選の心得』p.42

参考文献編集