杜 鴻漸(と こうぜん、708年 - 769年)は、中国唐代政治家。字は之巽[1]濮陽に生まれる。

仏教を信仰し、死に臨んでは儒教の伝統である土葬をせずに、火葬を選択した。

家族編集

祖父は杜慎行、益州長史。父は杜鵬挙[2]杜鴻漸杜暹の族子です[3]

略歴編集

伝記編集

脚注編集

  1. ^ 新唐書』巻126:暹族子鴻漸。鴻漸字之巽。
  2. ^ 新唐書』巻126:父鵬挙,與盧蔵用隠白鹿山,以母疾,與崔沔同授医蘭陵蕭亮,遂窮其術。歴右拾遺。玄宗東行河,因遊畋,上賦以風。終安州刺史。
  3. ^ 旧唐書』巻108:杜鴻漸,故相暹之族子。祖慎行,益州長史。父鵬挙,官至王友。
  4. ^ 旧唐書』巻108:鴻漸敏悟好学,挙進士,解褐王府参軍。天宝末,累遷大理司直,朔方留後、支度副使。