メインメニューを開く

東アジアユースゲームズ(英:East Asian Youth Games、EAYG)は、東アジアオリンピック委員会(英:East Asian Olympic Committee、EAOC)が推進する地域的総合競技大会である。

東アジアユースゲームズ
略称 EAYG
開催間隔 4年に1回
目的 東アジアのユース世代(14歳から18歳まで)の選手を対象にした地域的総合競技大会

沿革編集

東アジアユースゲームズの前身は、東アジア競技大会である。アジア競技大会オリンピックの存在のため、トップ選手の参加が進まず、東アジア競技大会のレベルに影響を与えた。他方、青少年選手が総合競技大会に参加する機会が多くないため、地域的総合競技大会を設けて、青少年選手が競技経験を積み重ねることができると思われる。そのため、2013年5月に東アジア競技大会連合(英:East Asian Games Association、EAGA)(2016年に名称が東アジアオリンピック委員会に変更された)の理事会決議によって、2019年の大会より大会名が東アジアユースゲームズと改称された。

2014年10月24日、中国北京で開催されたEAOCの理事会において、チャイニーズタイペイ台湾)を代表する台中市は、初回の東アジアユースゲームズの開催権を得た[1]。しかし2018年7月24日に開かれたEAOCの臨時理事会で、中国は台湾一部の民間団体が「台湾」の名義で2020年東京オリンピックの参加を目指す署名活動を理由に、台中市の開催中止を提案した。中国、香港マカオモンゴル北朝鮮韓国の6か国・地域及び劉鵬EAOC会長(中国籍)が提案に賛成した。台湾が反対、日本が「非常事態に関わり、会議の延期再議が必要だ」と棄権した[2]。その結果、多数決によって台中市の開催権が取り消され、第1回東アジアユースゲームズは中止と言う決定がなされた。

開催状況編集

日期 開催地 開催国又は地域 参加国又は地域 参加選手数 競技数
1 2019年 中止(2019年8月24日から31日の日程で、  チャイニーズタイペイ台湾)・台中にて開催される予定だった)
2 2023年 ウランバートル   モンゴル 未定 未定 未定

脚注編集

  1. ^ “2019首屆東亞青運 台中主辦” (中国語). 中時電子報. (2014年10月25日). http://www.chinatimes.com/newspapers/20141025000873-260111 2018年7月26日閲覧。 
  2. ^ “東アジア・ユース大会中止”. 共同通信. (2018年7月24日). https://this.kiji.is/394489271984243809?c=39546741839462401 2018年7月26日閲覧。