メインメニューを開く

東京左翼劇場(とうきょうさよくげきじょう)はかつて存在した日本の劇団

単に「左翼劇場」ともいう。前身は前衛芸術家同盟傘下の「前衛劇場」と日本プロレタリア芸術連盟傘下のプロレタリア劇場

目次

概要編集

1928年佐々木孝丸村山知義佐野碩らが結成。1934年6月に解散するまで、宇野重吉原泉信欣三水木洋子八木隆一郎池田生二小沢栄太郎滝沢修久保栄仲みどり山本安英らが参加した。その後、出身者の多くが新協劇団新築地劇団などに合流し、新劇界に少なからぬ影響を与えた。

経歴編集

主な舞台編集

 
1931年6月12日福岡市大博劇場で行われた左翼劇場の「太陽のない街」公演。佐々木孝丸、島公靖、杉本良吉原泉山本安英ら。

前身劇団編集

プロレタリア劇場編集

同劇団の前身のひとつ「プロレタリア劇場」(日本プロレタリア芸術連盟傘下)は、1927年の後半から1928年の春まで存在した。

演出を佐野碩の他、詩人の佐藤武夫や皆川晃、平松豊彦、後に俳優として活躍する中村栄二が支えていた。日本プロレタリア芸術連盟音楽部の小野宮吉、関鑑子らが音楽で盛り上げ、美術部の柳瀬正夢が装置やポスター制作を担当した。さらに当時の出し物のポスターからは、人形劇のスタッフがいたことがうかがわれる。しかし、1927年11月には、プロレタリア劇場のメンバーだった久板栄二郎やプロレタリア劇場を手伝っていた小野宮吉、関鑑子柳瀬正夢が前衛芸術家同盟傘下の前衛劇場に合流している。その後、1928年4月21日から4月24日まで、前衛劇場と合同で、築地小劇場で、「磔茂左衛門」と「嵐」を上演して、左翼劇場に統一された。

前衛劇場編集

映画部編集

  • 佐々元十らの日本プロレタリア芸術連盟所属のプロレタリア映画班が1928年、プロレタリア劇場映画班に発展。同年4月にプロレタリア劇場と前衛劇場が統一され、東京左翼劇場が設立されたのに伴い、東京左翼劇場映画部となった。日本プロレタリア映画同盟に改組されるまで、1929年2月に野田醤油争議を撮影するなど左翼劇場映画部として活動した。

出典編集