メインメニューを開く

東京石(とうきょうせき[3]、tokyoite)は、含水バナジン酸塩鉱物の一種。化学組成Ba2Mn3+(VO4)2(OH)、結晶系単斜晶系。brackebuschiteグループの鉱物。

Tokyoite
分類 バナジン酸塩鉱物
シュツルンツ分類 8.BG.05
化学式 Ba2(Mn3+,Fe3+)(VO4)2(OH)
結晶系 単斜晶系
単位格子 a = 9.104Å、b = 6.132Å、c = 7.895Å、β = 112.2°
モース硬度 4.5 - 5
光沢 ガラス光沢
赤黒色
条痕 濃赤褐色
密度 4.62 g/cm3
文献 [1][2]
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

産出地編集

原産地は東京都奥多摩町白丸鉱山である。後に鹿児島県大和鉱山で発見された。イタリアドイツにも産する[1]

性質・特徴編集

東京石は、濃い赤黒色をしており、マンガン鉱石の茶色と混じって見えにくいことが多い。

白丸鉱山の東京石は小さく、なかなか見えない。大和鉱山で発見された東京石は大きく、肉眼でも容易に識別できる。

サイド・ストーリー編集

東京石の名前の由来は、この鉱物が発見された東京都に因む。2003年に承認された。

白丸鉱山は、数年に一度の放水以外はダムに沈んでいる産地であり、前回の放水時には多摩石が発見されていた。マンガン鉱山である白丸鉱山では、バリウムを含む重土十字沸石なども発見されているが、バナジウムを含む鉱物は初の発見である。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b Tokyoite, MinDat.org, http://www.mindat.org/show.php?id=25633 2012年5月25日閲覧。  (英語)
  2. ^ Tokyoite, WebMineral.com, http://webmineral.com/data/Tokyoite.shtml 2012年5月25日閲覧。  (英語)
  3. ^ 松原聰宮脇律郎『日本産鉱物型録』東海大学出版会国立科学博物館叢書〉、2006年。ISBN 978-4-486-03157-4

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集