東京シャドウ

東京SHADOWから転送)

東京シャドウ』(とうきょうシャドウ、TOKYO SHADOW)は、西谷史による伝奇小説。または、それを原作とするコンピュータゲームドラマCD

小説編集

著者は西谷史。イラストは若菜等+Kiメディアワークス電撃文庫より発売。全4巻。

登場人物編集

  • 朱砂五郎(しゅさごろう)
    光學院大学の講師で比較宗教学のゼミを担当している。28歳。
  • 高城舞(たかしろまい)
    光學院大学の学生。紫苑に恋している。黒い蝶の姿を見るたびに幽体離脱してしまう。
  • 鶴田貴之(つるたたかゆき)
    光學院大学の学生。
  • 原田佐織(はらださおり)
    山根弘敏の娘で3姉妹の次女。26歳。
  • 祁答院明子(けどういんあきこ)
    元女優。紫苑という息子がいる。
  • 祁答院紫苑(けどういんしおん)
    光學院大学の学生。マイトレーヤというバンドでギターと作詞をやっている。

ゲーム編集

東京SHADOW
ジャンル アドベンチャー
対応機種 PlayStation
セガサターン
発売元 タイトー
人数 1人
メディア CD-ROM3枚組
発売日 [PS]1996年9月27日
[SS]1997年4月25日
対象年齢 [SS]推奨年齢18歳以上
テンプレートを表示

概要編集

本作は実写ムービーを用いたアドベンチャーゲームとなっている。ドラマ部分は実写とCGを組み合わせた映像によるムービーが表示され、プレイヤーは要所要所で現れる選択肢を選び、それに応じて物語が変化する。エンディングはバッドエンドも含めかなり多い。エンディング時はプレイ時にたどったルートが表示されるようになっており、パートを選んでプレイすることも可能なため、バッドエンド時でもやり直しは容易。ムービーにはかなりグロテスクな表現もあるため、セガサターン版は18歳以上推奨タイトルとなっている。

あらすじ編集

東京に住む主人公「ヒデ」は渋谷の町で奇妙な稲妻を目撃する。高城京子との久しぶりのデートに向かうが、命を落とし、霊体となってしまう。京子の身にも危険が迫っていることを知ったヒデは、霊体のまま京子を守ることを決意する。しかし、東京は今、悪魔メギドの手が迫っていたのだった。

登場人物編集

  • ヒデ/荒木誠
    本作の主人公。死んだことにより魂だけの存在となり、京子を助けるために奮闘する。
  • 高城京子(たかしろきょうこ)/宝生舞
    主人公の恋人で警視庁少年課の捜査官。渋谷で頻発する行方不明事件の捜査を命じられる。太古の霊能者である渋谷氏の血を引く。
  • 入来院亜希子(いりきいんあきこ)/菊池あゆみ
    渋谷にある光学院大学の文学部在学。太古の霊能力者である渋谷氏の血を引き、メギドに誘拐される。
  • キャサリン・S・バーン/イザベル・イーブズ
    マサチューセッツ州出身。米軍の資料から大規模な古墳があることを知る。光学院大学に留学し調査を行ってる際にメギドに誘拐される。
  • 高城礼二朗(たかしろれいじろう)/萩原流行
    第二次世界大戦前から天才科学者として世界に知られていた。終戦後、メギドの生命形態を研究するために米軍に迎えられたが、渋谷の下で行方不明となる。
  • 布教牧師/竹田高利
  • 小メギド/柳田よしたか
  • 刑事/冴場都夢
  • チンピラ/MAR
  • サラ/青葉みか
  • 天使/池田奈津美
  • 看護婦/成田香奈子
  • バンド/仲野茂BAND
  • 木の精/宝田明

声の出演編集

ドラマCD編集

文化放送でオンエアされていたラジオドラマポリスターより発売。