東大阪朝鮮初級学校


東大阪朝鮮初級学校(ひがしおおさかちょうせんしょきゅうがっこう)は、大阪府東大阪市寺前町二丁目にある朝鮮学校学校法人大阪朝鮮学園が運営する。 日本の小学校幼稚園相当の教育を行っているが、学校教育法における非一条校であり、各種学校扱いである。

東大阪朝鮮初級学校
Higashiosaka Korean Elementary School.JPG
過去の名称 布施朝鮮初等学校
朝聯私立布施小学校
布施朝鮮小学校
布施朝鮮初級学校
東大阪第二朝鮮初級学校
国公私立の別 私立学校
学校種別 各種学校朝鮮学校
設置者 学校法人大阪朝鮮学園
設立年月日 1946年
共学・別学 男女共学
所在地 577-0845
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

沿革編集

  • 太平洋戦争の終戦に伴い、朝鮮人児童に朝鮮語を教える国語講習所が各地に開設された。学校のルーツとなる国語講習所は、現在の東大阪市・八尾市柏原市にあたる地域に開設されている。
  • 国語講習所を母体として、1946年から1947年にかけて、八尾朝鮮初等学校、枚岡朝鮮初等学校、布施朝鮮初等学校、柏原朝鮮初等学校が相次いで開校した。
  • その後大阪朝聯学園の成立に伴い1949年3月1日付で、八尾朝鮮初等学校は大阪朝鮮中学校附属小学校、枚岡朝鮮初等学校は朝聯私立枚岡小学校、布施朝鮮初等学校は朝聯私立布施小学校、柏原朝鮮初等学院は朝聯私立柏原小学校へそれぞれ改称した。布施小学校は本校のほか、布施市(現・東大阪市)森河内・蛇草の2ヶ所に分校を設置した。
  • しかし朝鮮学校閉鎖令の影響で、1949年には各校は閉鎖を余儀なくされた。閉鎖後は民族学級や夜間学級を開設するなどして民族教育を続けた。
  • 1952年3月に布施朝鮮小学校として、布施市寺前町26番地(現在地)に再建した。その後、布施朝鮮初級学校(1955年)、東大阪第二朝鮮初級学校(1962年)の名称を経て、1991年に現在の校名・東大阪朝鮮初級学校に改称している。
  • また1967年には幼稚班を併設している。

交通編集

参考文献編集

  • 大阪民族教育60年誌編集委員会『大阪民族教育60年誌』大阪朝鮮学園、2005年。

外部リンク編集