メインメニューを開く

東宝ツインタワービル(とうほうツインタワービル)は、東京都千代田区有楽町一丁目に建つ、東宝不動産が所有する商業施設である。

東宝ツインタワービル

富士電機 (2910398805).jpg

情報
用途 商業施設、オフィス
設計者 阿部設計事務所[1]谷口吉郎[2][3]
施工 間組[1]
建築主 東宝不動産
管理運営 東宝不動産
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート構造
敷地面積 1,508.69 m² [4]
延床面積 16,692.07 m² [4]容積率1106%)
階数 地上9階・地下4階
駐車台数 48台[1]
竣工 1969年5月
所在地 100-0006
東京都千代田区有楽町一丁目5番2号
座標 北緯35度40分27.14秒 東経139度45分36.2秒 / 北緯35.6742056度 東経139.760056度 / 35.6742056; 139.760056座標: 北緯35度40分27.14秒 東経139度45分36.2秒 / 北緯35.6742056度 東経139.760056度 / 35.6742056; 139.760056
テンプレートを表示

目次

フロア構成編集

地上9階・地下4階建で、9階はレストラン街、7階にはビル開業当初より東宝ダンスホール[5]がある。3~6、8階はオフィス主体で、阪急電鉄東京統括室[6]東宝レストランサービス[7]東宝芸能[8]阪急不動産首都圏事業部[9]など阪急阪神東宝グループの企業が多く事務所を構えている。1・2階は医院や衣料品店、地下1階にはゴルフスクールとランニングステーションが入居する。地下2階から地下3階にかけては、1986年大和実業グループのディスコ「ラジオシティ」オープン。同店は閉店したが、2010年にはその跡にディスコ「クラブディアナ」がオープンした[10]。地下2階では、東京メトロ日比谷線日比谷駅A5出入口と直結している。

編集

屋上には建物名称のもとになった2本の円柱形があり、1981年より[11]富士電機の看板が掲出されている[12]。これは、設計を担当した谷口吉郎がフランスを旅行した際に、塔のおかげで目指していた教会にたどり着けたことにヒントを得て建てられた[2]

周辺編集

本ビル周辺の有楽町・日比谷地区には、東宝不動産や東宝が所有する劇場や商業施設が数多く所在する[13]

東京宝塚劇場シアタークリエ日生劇場帝国劇場で観劇をした利用者は、本ビルの駐車場料金の割引を受けられる[14]

脚注編集

  1. ^ a b c 空室情報(日本ビルヂング協会)2016年1月29日時点のウェブキャッシュ
  2. ^ a b 三菱地所『丸の内百年の歩み 三菱地所社史下巻』、1993年3月6日、208頁。
  3. ^ 月刊商店建築1969年9月号
  4. ^ a b 東宝ツインタワービル公式サイト
  5. ^ 東宝ダンスホール
  6. ^ 会社概要(阪急電鉄)
  7. ^ 会社概要(東宝レストランサービス)
  8. ^ 会社概要(東宝芸能)
  9. ^ 企業情報(阪急不動産)
  10. ^ “日比谷ラジオシティ跡に大箱ディスコ「クラブディアナ」-人気集める”. 銀座経済新聞. (2010年5月14日). http://ginza.keizai.biz/headline/1165/ 2015年7月31日閲覧。 
  11. ^ 東宝ツインタワービル(TOKYOビル景)
  12. ^ 屋外広告(富士電機)
  13. ^ “東宝が「超一等地」に不動産を持っているワケ”. 東洋経済オンライン. (2015年4月27日). http://toyokeizai.net/articles/-/67775?page=2 2015年7月31日閲覧。 
  14. ^ 駐車場(東宝ツインタワービル)

外部リンク編集