有楽町

東京都千代田区の町名
日本 > 東京都 > 千代田区 > 有楽町

有楽町(ゆうらくちょう)は、東京都千代田区町名である。住居表示実施済みの地域で、現行行政地名は有楽町一丁目および有楽町二丁目。郵便番号は100-0006[2]

有楽町
有楽町を走る東日本旅客鉄道(JR東日本)京浜東北線
有楽町を走る東日本旅客鉄道(JR東日本)京浜東北線
有楽町の位置(東京都区部内)
有楽町
有楽町
有楽町の位置
北緯35度40分23.6秒 東経139度45分38.35秒 / 北緯35.673222度 東経139.7606528度 / 35.673222; 139.7606528
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Chiyoda, Tokyo.svg 千代田区
地域 麹町地域
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 • 合計 18人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
100-0006[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 品川

概要編集

有楽町は千代田区南部の有楽町駅周辺に広がり、皇居の南東側、丸の内の南側に位置する。東京高速道路をはさんだ東側は銀座になる。日比谷公園に隣接しており、JRの線路の西側に位置する日比谷通り一帯の地域は内幸町と合わせて「日比谷」とも呼ばれ、地下鉄日比谷駅東京ミッドタウン日比谷など日比谷と名のつく施設も多く見られる。大企業のオフィスビルが立ち並び、大手町丸の内から続くビジネス街であるとともに、有楽町駅周辺にはビックカメラ有楽町店(読売会館)や有楽町マリオン阪急メンズ東京ルミネ有楽町・丸の内ピカデリーなど)、有楽町イトシア(有楽町マルイ)などの大型商業施設が集積しており、さらに東に進むと銀座繁華街につながる。連続する大手町丸の内・有楽町は「大丸有(だいまるゆう)」と呼ばれ、東京駅界隈は日本最大規模のビジネス街を形成している。

阪急メンズ東京(阪急百貨店)や東京宝塚劇場(東京宝塚ビル)、東宝本社ビルである東宝日比谷ビルTOHOシネマズ本社、阪急阪神ホールディングス東京事務所(東宝ツインタワービル)、付近には帝国劇場(通称:帝劇、運営は東宝)などがあり、大阪を中心に関西を地盤とする阪急阪神東宝グループ(旧:阪急東宝グループ)における東京の重要拠点となっている。戦前から映画館劇場が集積しており、日比谷地区は「映画・演劇の街」という性格を持っている。東宝系以外では日生劇場もこの地にあり、かつては日本劇場(日劇)や日比谷映画劇場有楽座TOHOシネマズ日劇丸の内ルーブルなども存在していた。

由来編集

一説によれば、有楽町(ゆうらくちょう)の町名は戦国武将織田有楽斎(おだうらくさい、織田長益)に由来するといい、千代田区のホームページにもそのように記載されている[4]。茶人としても名をはせた有楽斎は関ヶ原の戦いのあと徳川方に属し、数寄屋橋御門の周辺に屋敷を拝領し、その屋敷跡が有楽原(うらくがはら)と呼ばれていたことから、明治時代に「有楽町」と名付けられたとされる[5]

しかし、これは俗説であるとも指摘される。有楽斎が由来とする説の出典は1772年明和9年)年の『再校 江戸砂子(えどすなご)』で、『江戸砂子』は幕府編纂の地理誌『御府内備考(ごふないびこう)』にも引用された由緒正しい書物である[6]。しかし、明治の歴史地理学者・吉田東伍は 「①有楽斎が江戸に屋敷を拝領した事実が確認できない。 ②有楽斎は関ヶ原の戦いの後は大和国などに領地を持ち、大坂夏の陣・冬の陣(1614年 - 1615年)の間は大坂城にいた。 ③有楽斎は徳川に味方したとはいえ家康とは距離を置いており、江戸に住む時間はなかったはずである。 ④有楽斎は隠居後京都に住んでいる。」ことを挙げて、そもそも有楽斎が江戸に住んでいたということを否定している。この吉田説を支持する研究者は少なくない[6]。また『江戸砂子』で有楽斎の屋敷は「数寄屋橋御門外、元数寄屋二丁目から三丁目」にあったとされているが、有楽斎の屋敷があったとされる時期はこの近くにあった日比谷入江の埋め立ての時期と一致し、さらに「御門外」は町人地であるために、大名である有楽斎が住んだはずがないとも指摘する[6]。なお、「御門外」と「御門内」は数寄屋橋で隔たれている[6]

株式会社ディラナダチ代表の小林明は、有楽町が有楽斎と結び付けられたことについて、当時数寄屋町は茶人の集まった地区であり、それが茶人である有楽斎と結びついて『江戸砂子』で定着したと推測している[6]

歴史編集

この辺りは江戸時代大名屋敷が建ち並んでいた、いわゆる「大名小路」の南端付近である。 1707年宝永4年)には南町奉行所が開設された。

 
日劇(1952年)

明治時代に入ると、1872年(明治5年)に有楽町一丁目ないし三丁目が出来た。1898年(明治31年)に東京市役所が設置された[7]1910年明治43年)には山手線が延伸され、有楽町駅が開業。1933年昭和8年)に日劇が、1934年東京宝塚劇場がオープンし、有楽町は劇場街と化した。また、毎日朝日新聞社の本社と讀賣新聞社有楽町別館が置かれ、その界隈は「新聞街」と呼ばれていた[8]戦前の有楽町は、まだ庶民には遠い存在だったといえる。戦争末期には空襲をうけた。

 
1960年頃の有楽町

戦後、第一生命ビルが接収され、連合国最高司令官総司令部 (GHQ) となった[7]。戦後の混乱期に、すし屋横丁が出来、また街娼が集まるようになる一方で[9]、続々と映画館が誕生した。1951年、東日本初の民放ラジオ局であるラジオ東京(放送局としては現:TBSラジオ、会社としては現:TBSホールディングス)が開局し、1961年まで毎日新聞東京本社内に本社機能を置いていた。

 
1960年のニッポン放送旧社屋

1954年深夜放送オールナイトニッポン」でおなじみのラジオ局、ニッポン放送が本社を設けた。また、ニッポン放送の子会社として設立されたフジテレビ1962年まで本社機能を置いていた。

1957年には讀賣新聞が経営する讀賣会館のテナントとしてそごう東京店がオープン。そのコマーシャルソングの「有楽町で逢いましょう」をビクターフランク永井が歌った。また、そごうの東京進出に一役買っていた大映映画がキャンペーンのための同名の映画を京マチ子主演で製作した。映画も歌もヒットし、有楽町の名が全国に広まった。1965年、すしや横丁および周辺が整理されて東京交通会館が開業した。

1966年、千代田区は住居表示に関する法律の実施基準により[10]「有楽町」の「町」をとり「有楽」という地名に変更しようとしたところ、マスコミ各社の反対により「有楽町」の町名が残ることになった[11]

1972年2月1日、日本初のパーキングメーターが稼働開始。有楽町二丁目のニュートーキョー横などに32基が設置され、同月中に銀座一帯に拡大していった。当時の料金は40分まで100円[12]

1980年代に入ると、新旧交替が始まった。1981年(昭和56年)から有楽町の顔ともいえた朝日新聞社と日劇の建物が解体され[13]1984年有楽町センタービル(通称・有楽町マリオン)がオープンし、新たなシンボルが誕生した。2000年平成12年)には有楽町そごうが閉店し、その後に新たにビックカメラがオープンした。また、有楽町駅前の再開発が行われ、2007年10月には丸井などの入店する新ビル「有楽町イトシア」が開業した[14]

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
有楽町一丁目・二丁目 13世帯 18人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[15]。なお、千代田区の中学校では学校選択制度を導入しており、区内全域から選択することが可能[16]

丁目 番地 小学校 中学校
有楽町一丁目 全域 千代田区立千代田小学校 千代田区立麹町中学校
千代田区立神田一橋中学校
有楽町二丁目 全域

交通編集

施設編集

下記には現在の丸の内三丁目界隈にあるものが含まれている。ここがかつて有楽町一丁目・二丁目だった名残である。これについては「千代田区の町名」を参照。その他に「丸の内#観光」も参照。

社寺

旧跡編集

江戸藩邸
その他

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 町丁別世帯数および人口(住民基本台帳)”. 千代田区 (2017年12月6日). 2018年1月2日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月30日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月2日閲覧。
  4. ^ 千代田区ホームページ - 町名由来板:有楽町(ゆうらくちょう)”. www.city.chiyoda.lg.jp. 2021年12月29日閲覧。
  5. ^ 麹町わがまち情報館 麹町出張所地区連合町会
  6. ^ a b c d e 有楽町の由来は「織田信長の弟」って本当? 千代田区サイトにも記載アリ、真相を調べてみた | アーバン ライフ メトロ - URBAN LIFE METRO - ULM” (日本語). アーバン ライフ メトロ. 2021年12月28日閲覧。
  7. ^ a b 日本歴史地名大系(平凡社)
  8. ^ 通信手段として伝書鳩が使われたので各新聞社の屋上には鳩小屋があり、訓練のため放たれた鳩が空を飛び交った。戦後1948年11月12日東京裁判において被告達への判決言い渡しが行われた際には、新聞社の判決速報を聞くために、周辺一帯に黒山の人だかりができた。
  9. ^ NHK『街頭録音』(1947年4月22日)において「ガード下の娘たち」としてインタビューを受けた街娼の一人は、有楽町だけで知り合いの街娼が150人はいると言っている。街娼の中では「楽町お時(らくちょうおとき)」が有名である。アナウンサーの藤倉修一がインタビューした。ラクチョウのお時 kotobank
  10. ^ 1967年(昭和42年)、「丁目」が付く町名では「町」は付けないのを原則としているため
  11. ^ 谷川健一編 「地名を守る意味 - 頻発する町名変更反対運動」『現代「地名」考』 pp.164-165、日本放送出版協会、1979年
  12. ^ 「40分100円ナリ パーキングメーター都心にお目見え」『朝日新聞』昭和47年(1972年)2月1日夕刊、3版、11面
  13. ^ 朝日は築地に移転。日劇はTOHOシネマズ日劇に変わった
  14. ^ イトシア (ITOCiA) の由来は「愛しい + ia(場所を表す名詞語尾)であるが、この言葉は偶然にも、フランク永井の歌の歌詞に出てくる。
  15. ^ 区立小学校の通学区域”. 千代田区 (2017年8月17日). 2018年1月2日閲覧。
  16. ^ 区立中学校の通学区域と学校選択”. 千代田区 (2017年10月26日). 2018年1月2日閲覧。
  17. ^ JR有楽町駅に「ルミネストリート」-ルミネ有楽町への導線確保へ 銀座経済新聞 2011年9月15日
  18. ^ 1945年にパリで創業し、パリ8区フランソワ1世通りに本店を置くファッションブランド (Balmain)。銀座7丁目の路面店は並木通りの金田中ビルにあり、その他表参道ヒルズに店舗がある。
  19. ^ 1960年、ヴァレンティノ・ガラヴァーニ (en) がローマで創業したイタリア発のブランド (Valentino SpA)(ヴァレンティノ / VALENTINO VOGUE)。カジュアルラインは、2003年から展開しているレッドヴァレンティノで、神宮前にある。
  20. ^ 1977年、パリ8区フォーブール=サントノレ通りで創業したパティスリーマカロン等が知られている。
  21. ^ 1997年3月から2004年9月までは、社屋建て直しのため港区台場フジテレビ本社ビルに同居していた。また、放送業界では「有楽町」がニッポン放送を指す言葉となっている。
  22. ^ 駅前にある白い外観の果物屋チェーン。

外部リンク編集