東浩二

日本の政治家

東 浩二(ひがし こうじ、1956年または1957年 - )は、日本政治家

東 浩二[1]
前職 田布施町職員[1]
田布施町副町長[1]
現職 田布施町長[1]
所属政党 無所属[1]

田布施町旗 田布施町長
当選回数 1[1]
在任期間 2018年11月15日 -
テンプレートを表示

1981年から田布施町役場に勤務[2]。経済課を経て、総務係長、総務課長補佐、2007年総務課長を歴任し、2015年3月31日退職[2]。2015年4月、田布施町副町長に就任[2]2018年10月16日、田布施町長無投票当選[1]

政策・主張編集

相続登記未了に係る固定資産税の過大徴収問題について編集

  • 2019年9月25日、令和元年第4回田布施町議会定例会において、相続時での課税ミスの問題を把握しながら当時の上司に報告せず、1年以上対応を放置したとして税務課長らを懲戒処分することにあわせて、部下の不祥事の責任をとるため、自身と副町長の給料を減額する条例議案を提出。その条例議案の質疑で、税務課長らからこの課税ミスの報告を当時副町長として受けながら「報道発表しなくていいし、還付もしなくていい」と指示した疑惑を議員から追及されたが、「相続登記未了に係るものというのは、私は認識していない」と否定。[3]
  • 固定資産税の過大徴収を内部告発した町職員に対し町が報復人事を行ったとされる問題で、「問題とはとらえていない」と立場を表明した[4]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 田布施町長選 【2018年10月16日】元副町長の東氏が初当選(無投票)”. 中国新聞 (2018年10月16日). 2020年6月8日閲覧。
  2. ^ a b c 田布施町副町長に 東浩二氏(前総務課長)が就任 (PDF)”. 広報たぶせ943号. 田布施町. p. 5 (2015年4月10日). 2020年6月8日閲覧。
  3. ^ 田布施町議会会議録(令和元年第4回)p93”. 田布施町. 2022年5月25日閲覧。
  4. ^ 内部告発した職員、異動先は1人部署 職場は公民館和室”. 朝日新聞. 朝日新聞社 (2020年6月10日). 2020年6月11日閲覧。
公職
先代
冨田辰也
 山口県田布施町長
2018年 -
次代
現職