メインメニューを開く

東海 辰弥(とうかい たつや、1964年12月18日 - )は、日本の元アメリカンフットボール選手。ポジションはQB(クォーターバック)。富山県氷見市出身。富山県立高岡高等学校京都大学農学部卒業。怪物と称された[1]

目次

略歴編集

大学以前編集

高校時代は野球部に所属。

大学時代編集

1984年に京都大学入学。3、4年次の1986年1987年と連続して甲子園ボウルに優勝して[2]ミルズ杯を獲得し、京都大学ギャングスターズ史上最高のQBと言われている。特に1年後輩の福島伸一郎とのホットラインは強力であった。また、4年次の主将・屋敷利紀(現・日本銀行勤務、金融庁出向中)とは、高岡高校時代からの同級生でもあった[3]

大学以後編集

京都大学卒業後はアサヒビール入社とともにアサヒビールシルバースターライスボウル2連覇を果たす[2]など活躍し、引退。 その後はアサヒビールに勤務、商品開発第一部エグゼクティブプロデューサーとしてクリアアサヒの開発に関与。一方でよみうりテレビなどの関西学生アメリカンフットボールの中継の解説などにも出演している。現在は海外酒類部門ゼネラルマネージャー(部長職)。

私生活編集

妻の東海由紀子とは大学時代に知り合い1991年に結婚した[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ GANGSTERS 60年の歴史”. 京都大学ギャングスターズ. 2010年3月26日閲覧。
  2. ^ a b 過去の記録”. 甲子園ボウル2008. 2010年3月26日閲覧。
  3. ^ 宍戸博昭 (2014年4月21日). “一通の手紙とクレジットカード 元京大主将・屋敷利紀”. 週刊TURNOVER. 2015年7月28日閲覧。
  4. ^ アメフト東海氏の妻が自民から参院選出馬へ!蓮舫氏と激突 スポーツ報知 2010年3月15日

関連書籍編集

外部リンク編集