メインメニューを開く

東荒川ダム(ひがしあらかわダム)は栃木県塩谷郡塩谷町上寺島地先、那珂川水系荒川(東荒川)に建設されたダムである。

東荒川ダム
Higashiarakawa Dam - panoramio.jpg
左岸所在地 栃木県塩谷郡塩谷町上寺島
位置
河川 那珂川水系荒川
ダム諸元
ダム型式 重力式コンクリートダム
堤高 70 m
堤頂長 290 m
堤体積 222,000
流域面積 21 km²
湛水面積 37 ha
総貯水容量 6,100,000 m³
有効貯水容量 5,330,000 m³
利用目的 洪水調節不特定利水
かんがい上水道発電
事業主体 栃木県
電気事業者 栃木県企業局
発電所名
(認可出力)
東荒川発電所 (600kw)
施工業者 鹿島建設大日本土木渡辺建設
着手年/竣工年 1974年/1990年
出典 [1]
テンプレートを表示

沿革編集

荒川は上流部で東荒川と西荒川に分かれるが、東荒川が荒川本川である。1967年(昭和42年)に支流の西荒川に洪水調節不特定利水を目的とした西荒川ダム重力式コンクリートダム、43.5m)が建設された。その後下流域の人口の増加や農業用水の確保、そして河川整備の増強が必要となり、荒川上流部に補助多目的ダムの建設を栃木県が1974年(昭和49年)に計画。1990年(平成2年)に完成した。

ダムの型式は重力式コンクリートダムで、高さは70m。洪水調節、不特定利水、さくら市喜連川地区・塩谷町への上水道供給、芳賀台地一帯への灌漑、県営水力発電を目的としている。管理は栃木県那珂川水系ダム管理事務所によって、深山ダム(那珂川本川)・塩原ダム(箒川)・西荒川ダム等他の那珂川水系の県営ダムと共に総合的に管理されている。

周辺編集

ダム湖周辺は東荒川ダム親水公園が整備されている。近くには名水百選尚仁沢湧水があり、1日あたり65,000立方メートルの水が湧出する。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 電気事業者・発電所名は「水力発電所データベース」、その他は「ダム便覧」による(2016年11月12日閲覧)。

関連項目編集

外部リンク編集