東行庵

東行庵(とうぎょうあん)は山口県下関市にある曹洞宗寺院功山寺の末寺である。山号は清水山。山陽花の寺二十四か寺第八番札所。

東行庵
Togyo-an (Shimonoseki).JPG
東行庵
所在地 山口県下関市吉田1184
位置 北緯34度5分8.31秒
東経131度4分16.17秒
座標: 北緯34度5分8.31秒 東経131度4分16.17秒
山号 清水山
宗派 曹洞宗
本尊 白衣観音
創建年 1869年(明治2年)
開基 山縣有朋、谷梅処
札所等 山陽花の寺8番
文化財 高杉晋作墓
公式HP 史跡・高杉晋作墓所 花の寺 東行庵
法人番号 2250005003574
テンプレートを表示
高杉晋作の墓 (敷地内)

目次

歴史編集

東行庵の地は清水山といい、幕末の頃奇兵隊軍監山縣有朋(当時は狂介)は麓に草庵を建て「無鄰菴」と名付けていた。ちなみに後に山縣が京都に建てた別宅を無鄰菴というのは、この下関の無鄰菴にちなんで名付けられたものである。

慶応3年4月(1867年)に死去した高杉晋作の遺骸は、遺言により奇兵隊の本拠に近いこの地に葬られた。晋作に仕えていた愛人おうの(谷梅処)が出家し、山縣は1869年(明治2年)に無鄰菴をおうのに贈った。「東行」は晋作の号であり、おうのは1909年(明治42年)に亡くなるまで晋作をこの地で弔ったという。

東行(晋作)の没後100年を前に1966年(昭和41年)に大修理が行われ、同年、東行を顕彰する東行記念館が境内に建てられた。同館は2010年(平成22年)、下関市立東行記念館として再開館した。御朱印については東行記念館の受付で対応する。

前後の札所編集

関連項目編集

外部リンク編集