メインメニューを開く

松井 英隆(まつい ひでたか、1960年2月15日 - )は、日本裁判官公害等調整委員会審査官や、証券取引等監視委員会事務局次長東京地方裁判所部総括判事等を経て、熊本地方裁判所所長。

人物・経歴編集

東京都出身。中央大学法学部卒業後[1]、1985年東京地方裁判所判事補任官[2]。主に民事事件を担当し[1]、2002年公害等調整委員会事務局審査官。2005年東京地方裁判所判事。2007年東京地方裁判所部総括判事。2011年証券取引等監視委員会事務局次長。2013年東京地方裁判所部総括判事。2015年横浜地方裁判所部総括判事。2017年鹿児島地方裁判所長、鹿児島家庭裁判所長。2019年熊本地方裁判所[2]

裁判編集

脚注編集

  1. ^ a b 「熊本地裁 松井所長が就任記者会見 /熊本」毎日新聞2019年6月15日
  2. ^ a b 熊本地方裁判所長裁判所
  3. ^ ミキティ勝訴!新潮社に賠償命令日刊スポーツ2009年8月29日6時26分


先代:
廣谷章雄
鹿児島地方裁判所長
2017年 - 2019年
次代:
片山昭人
先代:
瀧華聡之
熊本地方裁判所長
2019年 -
次代:
(現職)