松前 資広(まつまえ すけひろ)は、江戸時代中期の大名蝦夷地松前藩7代藩主。官位従五位下若狭守

 
松前資広
時代 江戸時代中期
生誕 享保11年9月29日1726年10月24日
死没 明和2年3月19日1765年5月8日
改名 栄吉、里広、定広、資広
戒名 英麟
墓所 北海道松前郡松前町の大洞山法憧寺
官位 従五位下若狭守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重家治
蝦夷松前藩
氏族 松前氏
父母 松前邦広土橋武則娘梅好子
兄弟 資広、染町、女子、柳生俊則広保
斐斗子、器四郎、広長、奴千、利和子
八条隆英娘弁子長倉貞義娘勘子
道広、照子、池田頼完難波武広、秀子、蠣崎広文波響、玉子、古田信真
テンプレートを表示

略歴編集

享保11年(1726年)、6代藩主・松前邦広の長男として誕生。

元文5年(1740年)11月15日、8代将軍・徳川吉宗にお目見えする。同年12月21日、従五位下若狭守に叙任する。寛保3年(1743年)8月16日、父・邦広の死去により、家督を相続する。

明和2年(1765年)3月19日、死去。享年40。

系譜編集