メインメニューを開く

松平 定和(まつだいら さだかず)は、江戸時代後期の伊勢桑名藩の藩主。定綱系久松松平家11代。

 
松平定和
時代 江戸時代後期
生誕 文化9年8月18日1812年9月23日
死没 天保12年6月22日1841年8月8日
改名 寧太郎[1](幼名)→定和
墓所 三重県桑名市東方の照源寺
官位 従四位下、越中守、左少将
幕府 江戸幕府
伊勢桑名藩
氏族 久松松平氏
父母 父:松平定永
母:綱(順承院、蜂須賀治昭の娘)[1]
兄弟 定和板倉勝静土岐頼之近説
正室:孝姫島津重豪の娘[2]
婚約者:猗姫(徳川斉匡の娘)
定猷、豊子(黒田長知正室)
松平定和の墓(照源寺)

生涯編集

文化9年(1812年)8月18日、桑名藩主松平定永の次男(長男とも)として江戸八丁堀で生まれる[1]。天保4年(1833年)に侍従、溜間詰となる[1]

天保9年(1838年)に父の死去により家督を相続する。藩財政の再建に努めたが、在任3年足らずの天保12年(1841年)6月22日、桑名で死去した[1]。跡を長男の定猷が継いだ[2]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 郡 2009, p. 97.
  2. ^ a b 郡 2009, p. 98.

参考文献編集