メインメニューを開く

土岐 頼之(とき よりゆき)は、江戸時代大名沼田藩第11代藩主。沼田藩主土岐家第14代当主。

 
土岐頼之
Toki Yoriyuki.jpg
土岐頼之像
時代 江戸時代後期から明治時代
生誕 文政9年3月27日1826年5月3日
死没 明治6年(1873年5月5日
墓所 東海寺大山墓地(東京都品川区
官位 従五位下、美濃守、山城守、和泉守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶家定家茂慶喜
沼田藩第11代藩主
氏族 久松松平氏土岐氏
父母 父:松平定永
養父:土岐頼寧
兄弟 松平定和板倉勝静頼之松平近説
正室:土岐頼功の三女・益子
頼知、寿賀子(大原重朝室)、鈴子(田村崇顕室)

生涯編集

桑名藩主・松平定永の十男で、老中松平定信の孫にあたる。

弘化4年(1847年)10月2日、沼田藩第10代藩主・土岐頼寧の死去に際し、その養嗣子となって跡を継いだ(正室の益子は第9代藩主・土岐頼功の三女)。同年10月15日、将軍・徳川家慶に拝謁する。同年12月16日、従五位下・美濃守に叙任する。後に山城守、和泉守に改める。文久3年(1863年)11月15日、学問所奉行に就任する。元治元年(1864年)7月6日、若年寄格学問所奉行となり、同年9月28日、若年寄となる。第2次長州征伐にも幕府方に属して参戦している。

慶応元年(1865年)12月29日、若年寄を退任する。慶応3年(1867年)4月16日、病気を理由に家督を長男の頼知に譲って隠居し、明治6年(1873年)5月5日に東京で死去した。享年48。墓所は品川東海寺の大山墓地。