板倉勝静

江戸幕末期の大名

板倉 勝静(いたくら かつきよ)は、幕末大名備中国松山藩7代藩主。板倉宗家13代当主。江戸幕府奏者番寺社奉行老中首座(筆頭)を歴任した。

 
板倉勝静
Katsukiyo Itakura2.jpg
板倉勝静( 「幕末名家寫眞集1」より)
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文政6年1月4日1823年2月14日
死没 明治22年(1889年4月6日
改名 万之進(幼名)、松平寧八郎、板倉勝静
別名 庫山、松叟()、徳山四郎左衛門、渋井魚輔(変名)
戒名 樹功院殿正四位耆徳松叟大居士
墓所 東京都文京区本駒込吉祥寺
官位 従五位下左近将監周防守従四位下侍従阿波守伊賀守正四位
幕府 江戸幕府 奏者番寺社奉行老中
主君 徳川家慶家定家茂慶喜
備中松山藩
氏族 久松松平家板倉氏
父母 松平定永、随真院
板倉勝職
兄弟 定和勝静土岐頼之松平近説
石川総禄正室ら
板倉勝職、鶴
勝全勝弼
テンプレートを表示

生涯編集

文政6年1月4日(1823年2月14日)、陸奥白河藩[注釈 1]松平定永の八男として生まれた[1]天保13年(1842年)、第6代備中松山藩主・板倉勝職婿養子となり、嘉永2年閏4月6日(1849年5月27日)に養父の隠居にともない備中松山5万石の家督を継いだ[1]

農商出身の陽明学山田方谷を抜擢し、藩校有終館の学頭とした。方谷の助言のもと藩政改革を行って徹底した倹約により財政を改善し、殖産興業で藩の負債をなくしただけでなく余財をなし、軍政改革にも着手することができた[2]

安政4年(1857年)、この藩政改革が評価されて幕府から奏者番兼寺社奉行に任じられた。しかし、安政の大獄井伊直弼の強圧すぎる処罰に反対して寛大な処置を行ったため、直弼の怒りを買って同6年(1859年)に罷免された[1]。直弼死後の文久元年(1861年)、再び奏者番兼寺社奉行として幕政に復帰した。翌文久2年(1862年)には老中に昇格し、混乱する幕末政局の安定化に努めて東禅寺事件に対処し、14代将軍徳川家茂の上洛に随行した。生麦事件の賠償問題や、孝明天皇から受けた攘夷勅命の遵守が不可能であった問題などから、一時は老中職を罷免されたが、慶応元年(1865年)に老中に再任された。第2次長州遠征では長州藩への寛典論を主張したが、退けられた。

家茂没後も、15代将軍徳川慶喜から厚い信任を受け、老中首座兼会計総裁に選任された。そして幕政改革に取り組む一方で、慶応3年(1867年)、前土佐藩主の山内豊信が建言した大政奉還の実現にも尽力した。

鳥羽・伏見の戦い敗戦後は慶喜と共に大坂におり、姫路藩主の老中酒井忠惇会津藩松平容保桑名藩松平定敬らと共に開陽丸で江戸へ退却した。

新政府は岡山藩錦の御旗を渡して備中松山藩討伐を命じていたため、勝静不在の松山は苦境に陥った。留守を守っていた方谷は長州が攻めてきた場合には戦うつもりだったが、朝敵とされてしまった[3]こともあり、松山の領民を戦火から救い、板倉家を存続させるためには、松山城を明け渡すしかないという考えで藩論が一致した。勝静と嫡男の万之進(勝全)は江戸から戻れなかったので、勝静は強制的に隠居させたことにして、先代勝職の従弟にあたる勝弼を養子として新たな当主に迎え、投降して官軍方に鞍替えした。

松山藩は岡山藩の管理下に置かれた。そこに鳥羽・伏見から熊田恰率いる松山藩隊150名が備中玉島に帰還した。岡山藩は熊田の首級を要求し、それを知った熊田は慶応4年1月22日(1868年2月15日)に自刃して果てた。これによって、松山は最終的に戦火を免れた。

一方で江戸の勝静は、慶喜が朝敵とされたことから、1月29日に老中職を辞し、2月19日に逼塞処分を受けた。3月には下野日光山に屏居となった[2]。さらに新政府によって宇都宮藩に移され、英厳寺に軟禁されたが、宇都宮戦争大鳥圭介率いる旧幕府軍によって解放され、同じく老中経験者の小笠原長行と共に奥羽越列藩同盟の参謀となった[1]

勝静が同盟軍と行動を共にしていると知った明治政府は態度を硬化させ、松山藩は震え上がった。明治2年(1869年)2月、江戸開城で戻った嫡男の万之進を宇都宮の官軍に引き渡すが、勝静自身はなおも抵抗を続けた[注釈 2]。勝静は、定敬や長行と共に旧幕府軍の一員として五稜郭まで転戦し、同行した松山藩士も新選組に加わって土方歳三の指揮下で戦った。

これを好ましく思わなかった方谷は、松山藩士を知人のプロイセン商船に乗せて箱館に派遣し、勝静は半ば強引に東京に連れ戻された[1]。方谷は勝静を外遊させてほとぼりを冷まさせるつもりだったが、藩内では財政状況が思わしくなかったことから不満が出て、すぐに明治政府へ自首・謝罪するように求めることになった[2]。明治2年5月25日(1869年7月4日)、帰京した勝静は翌日自訴した。8月15日、長男勝全と共に同族の治める上野安中藩に預けられて終身禁固刑となった[注釈 3]。翌月、2万石減封されながらも松山藩は再興され、岡山藩による占領は終わった。

明治5年1月6日(1872年2月14日)、特旨により赦免された。勝静は方谷と勝弼を慰労し、勝弼が自分や家臣たちに遠慮して家督を勝全に譲ることのないように指示している。1875年(明治8年)に高梁で方谷と再会した[3]。晩年の1876年(明治9年)に上野東照宮の祀官となった[1]。また、勝弼や三島中洲川田甕江[注釈 4]の協力を得て第八十六国立銀行(現在の中国銀行)を設立した。

1889年明治22年)4月6日、東京の私邸において死去した[2]。享年66[1]

人物編集

  • 真面目で温厚な性格で、私欲を持たず洞察力に優れていたと伝えられる[2]
  • 勝静が一番の信を置いた方谷は、黒船来航後の混乱を見て、既に幕府滅亡が避けられないことを察していた[3]ので、勝静にはまず松山の領民のことを考えて欲しいと進言した。しかし、松平定信の孫(#血筋参照)に生まれた勝静にとって、幕府(徳川将軍家)を見捨てることは出来ない相談であった[1]
  • 勝海舟とは身分を越えた友人であった(勝静は幕府の要職を罷免された海舟を呼び戻し、最後の陸軍総裁に起用した[3])。海舟は「あのような時代(幕末)でなければ、祖父の定信公以上の名君になれていたであろう。巡り会わせが不幸だったとしか言いようが無い」と語っている。
  • アーネスト・サトウは「好人物ではあるが決して弱気を見せない」「板倉はおそらく四十五歳を出てはいなかったろうが、それにしては老けて見えた」と評している[5]

年譜編集

※日付=旧暦

 
板倉勝静像(港区立港郷土資料館蔵)
  • 弘化2年(1845年)12月16日、従五位下・左近衛将監に叙任。
  • 嘉永2年(1849年
    • 閏4月6日、家督相続、備中松山藩主となる。江戸城雁間詰。
    • 月日不詳、周防守に転任。
  • 嘉永4年(1851年)6月13日、奏者番に補任。
  • 安政4年(1857年)8月11日、寺社奉行を兼帯。
  • 安政6年(1859年)2月2日、寺社奉行・奏者番の両職を御役御免。
  • 万延2年1861年)2月1日、寺社奉行・奏者番を再役。
  • 文久2年(1862年
    • 3月15日、老中に異動。
    • 3月26日、従四位下に昇叙。周防守如元。
    • 4月11日、外国御用取扱を兼帯。
    • 5月15日、外国御用取扱の兼帯を止め、勝手掛を兼帯。
    • 6月1日、侍従を兼任
    • 9月11日、将軍・家茂上洛に伴い、御供。
  • 文久3年(1863年
    • 2月13日、将軍・家茂上洛に伴い供奉。
    • 6月16日、江戸に帰府。
    • 11月5日、将軍・家茂上洛に伴い、江戸留守。
  • 元治元年(1864年
    • 6月18日、老中を免ず。江戸城雁間詰。
    • 8月13日、長州征伐山陽道先鋒となる。
    • 月日不詳、阿波守に遷任。侍従如元。
  • 慶応元年(1865年
    • 1月7日、長州征伐凱旋。
    • 10月22日、老中に再任。勝手掛を兼帯。伊賀守に遷任。
  • 慶応2年(1866年)
    • 1月6日、軍事取扱を兼帯。
    • 6月19日、老中首座となる(水野忠精の老中御役御免に伴う)
    • 12月28日、勝手掛の兼帯御役御免。
  • 慶応3年(1867年
    • 9月23日、老中次座となる(松平定昭の老中首座に伴う)
    • 10月19日、老中首座に再度なる(松平定昭の老中首座辞職に伴う)
    • 12月30日、老中次座に再度なる(酒井忠惇の老中首座に伴う)
  • 慶応4年(1868年
    • 1月10日、解官
    • 1月23日、内国御用取扱を兼帯。
    • 1月29日、老中御役御免。隠居。
    • 2月19日、逼塞処分を受ける。
    • 3月、下野日光山に屏居。その後、奥州経由で蝦夷箱館へ向かう。
  • 明治2年(1869年
    • 5月25日、帰京し、翌日自訴。
    • 8月15日、上野国安中藩に永預処分となる。
  • 明治4年(1871年)3月15日、備中高梁に移動し、禁錮処分となる。
  • 明治5年(1872年)1月6日、特旨をもって禁錮を許される。
  • 明治9年(1876年)11月15日、従五位に叙位。
  • 明治10年(1877年)7月16日、東京の上野東照宮祠官に就任。
  • 明治13年(1880年)、従四位に昇叙。
  • 明治20年(1887年)、正四位に昇叙。

系譜編集

登場作品編集

大河ドラマ
小説
映画

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 定永はこの2ヶ月後に伊勢桑名へ転封となった[1]
  2. ^ 明治政府は備中松山藩に対し、勝静父子が降伏、もしくは死亡が確認されれば藩の存続は認めるが、それが確認できない限り宥免できないことを伝えていた。同様の条件は似たような状況下(本領は開城・降伏したが藩主定敬は抵抗を継続している)の桑名藩にも伝えられていた[4]
  3. ^ 方谷も公職からは引退し、政府からの度重なる出仕要請を受けることなく生涯を終えた[1]
  4. ^ いずれも方谷の弟子。

出典編集

参考文献編集

  • 朝森要 『幕末の閣老板倉勝静』 福武書店、1975年。 
  • 中国地方総合研究センター編 『歴史に学ぶ地域再生 : 中国地域の経世家たち』 吉備人出版、2008年。ISBN 9784860692087 
  • 日本博学倶楽部編 『江戸300藩の意外な「その後」』 PHP研究所、2007年。ISBN 9784569692432 
  • 歴史群像編集部編 『幕末維新人物事典 : 天皇・公家・将軍・幕臣・大名・藩士・諸隊隊士・女性・商人・外国人ほか : 全国版』 学研マーケティング、2010年。ISBN 9784054044630 
  • 水谷憲二『戊辰戦争と「朝敵」藩-敗者の維新史-』八木書店、2011年。
  • アーネスト・サトウ『一外国人の見た明治維新 上』坂田精一訳、岩波書店、1961年。
  • 樋口英行「幕末の偉人伝① 板倉勝静」『広報たかはし』2018年11月号、高梁市秘書広報課、2018年11月15日。
年表について
  • 『増補幕末明治重職補任』日本史籍協会叢書続、東京大学出版会、1980年。
  • 『内閣文庫蔵諸侯年表』新田完三 編、東京堂出版、1984年。
  • 美和信夫「江戸幕府老中首座就任者に関する考察」『麗澤大学紀要』第30巻、1980年12月。

外部リンク編集