メインメニューを開く

松平 康映(まつだいら やすてる)は、和泉岸和田藩の第2代藩主。後に播磨山崎藩主を経て、石見浜田藩の初代藩主となった。松井松平家2代。

 
松平康映
時代 江戸時代前期
生誕 元和元年(1615年
死没 延宝2年12月30日1675年1月25日
改名 松千代丸(幼名)→康映
戒名 雲峰院殿照誉浄閑大居士
墓所 京都府京都市左京区黒谷の光明寺
官位 従五位下、淡路守、周防
幕府 江戸幕府
和泉岸和田藩主→播磨山崎藩主→
石見浜田藩
氏族 松井松平家
父母 父:松平康重
兄弟 康政康映康敬康紀
正室:岡部宣勝の娘
康宦康明村瀬康致(五男)、
娘(脇坂安政正室)

生涯編集

元和元年(1615年)、丹波篠山藩主・松平康重の次男として篠山で生まれる[1]。兄の康政が早世したため、寛永10年(1633年)に世子に指名され、12月28日に従五位下・淡路守に叙位・任官する[2]。寛永17年(1640年)、父の死去により家督を継いで岸和田藩主となる。しかし間もなく播磨山崎に移封となった[1]

慶安2年(1649年)8月12日、石見浜田に移封される。その後は検地を行なうなどして藩政の基礎を固めた。延宝2年12月30日(1675年)に死去した。享年60。跡を三男の康宦が継いだ[1]

甥に「石見国名所松葉集」を記した新清元麿(弟・康紀の子)がいる。

脚注編集

  1. ^ a b c 寛政重修諸家譜
  2. ^ 村川浩平『日本近世武家政権論』、199頁。