松平 頼寧(まつだいら よりやす)は、江戸時代前期の常陸国府中藩の世嗣。官位従四位下肥後守

 
松平頼寧
時代 江戸時代前期
生誕 寛文7年(1667年
死没 元禄2年11月5日1689年12月16日
官位 従四位下肥後守
常陸府中藩世嗣
氏族 水戸徳川家支流府中松平家
父母 松平頼隆
兄弟 頼方頼寧頼如水谷勝美正室、兼子
テンプレートを表示

略歴編集

初代藩主・松平頼隆の次男として誕生。

延宝6年(1678年)、長兄・頼方が早世したため、府中藩嫡子となる。翌延宝7年(1679年)、従四位下肥後守に叙任されたが、家督を相続することなく元禄2年(1689年)に死去した。代わって弟・頼如が世子となった。