メインメニューを開く

松村 万三郎[1]松村 萬三郎[2][3][4]、まつむら まんざぶろう、1903年明治36年)5月[4] - 没年不明)は、日本地主[1][5]実業家・松村機械製作所社長[2]、王子機械製作所監査役[6]商人(伊勢屋、質商[4]政治家・東京板橋区会議員、板橋町会長[4]

目次

人物編集

東京府北豊島郡板橋町出身。松村孫兵衛の三男[2][3][4]青山学院高等部[4]、あるいは青山学院商科卒業[5][6]。父業を継いだ[4]1936年[2]、あるいは1935年[5][6]家督を相続した[2]。趣味は旅行[5][6]。宗教は真言宗[4]

家族・親族編集

松村家

東京板橋区板橋[4]

1904年[2][5]、あるいは1899年生まれ[3][4]

脚注編集

  1. ^ a b 『日本紳士録 第35版』東京マ之部714頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年2月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 『人事興信録 第12版 下』マ126頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年2月17日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 『人事興信録 第11版 下』マ158頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年2月17日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 『大衆人事録 第12版 東京篇』東京633頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年2月17日閲覧。
  5. ^ a b c d e 『人事興信録 第14版 下』マ112頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年2月17日閲覧。
  6. ^ a b c d 『人事興信録 第13版 下』マ120頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年2月17日閲覧。

参考文献編集

  • 交詢社編『日本紳士録 第35版』交詢社、1931年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第11版 下』人事興信所、1937-1939年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第12版 東京篇』帝国秘密探偵社ほか、1938年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 下』人事興信所、1940年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 下』人事興信所、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 下』人事興信所、1943年。