メインメニューを開く

松村 浩行(まつむら ひろゆき、1974年 - )は、日本の映画監督である[1]

まつむら ひろゆき
松村 浩行
生年月日 1974年
出生地 日本の旗 日本 北海道札幌市
職業 映画監督
ジャンル 映画

目次

経歴編集

1974年、北海道札幌市に生まれる[2]

早稲田大学第一文学部に入学。演劇専修コースに進む。

1996年11月から翌年1月にかけて東京国立近代美術館のフィルムセンターの企画「ジャン・ルノワール、映画のすべて。」に毎日通い、影響を受ける[3][4]

大学卒業後、映画美学校に入学。

2001年、『よろこび』がオーバーハウゼン国際短編映画祭にて国際批評家連盟賞を受賞する[5]

2009年、藤田陽子菅田俊を主演に迎えた『TOCHKA』が第22回東京国際映画祭日本映画・ある視点部門に出品される[6]

フィルモグラフィー編集

  • よろこび(1999年) - 監督・脚本
  • YESMAN / NOMAN / MORE YESMAN(2002年) - 監督
  • 狂気の海(2008年) - 出演
  • TOCHKA(2008年) - 監督・脚本

脚注編集

  1. ^ ◇座談会=鎌田哲哉・松村浩行・田代ゆき・田中芳秀「批評精神」よ生まれよ”. 週刊読書人 (2012年2月17日). 2013年8月8日閲覧。
  2. ^ オルタナティブ・シネマ&舩橋淳『谷中暮色』”. Flowerwild (2009年10月23日). 2015年4月9日閲覧。
  3. ^ 株式会社ローソンエンタテインメント. “『TOCHKA』 公開記念! 「TAO」 第5回 :ゲスト→松村浩行 1” (日本語). www.hmv.co.jp. 2018年7月19日閲覧。
  4. ^ National Film Center, The National Museum of Modern Art, Tokyo”. archive.momat.go.jp. 2018年7月19日閲覧。
  5. ^ Awards of the International Competition” (英語). オーバーハウゼン国際短編映画祭. 2013年8月8日閲覧。
  6. ^ 《第22回東京国際映画祭》こだわり派の村松監督は黒沢清も一目置く男! 『TOCHKA』舞台挨拶”. シネマキャスト (2009年10月21日). 2013年8月8日閲覧。

外部リンク編集