メインメニューを開く

映画美学校(えいがびがっこう・THE FILM SCHOOL OF TOKYO)は、日本の映画教育機関である。

映画美学校
設立年 1997年
種類 特定非営利活動法人
本部 東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS
公用語 日本語
ウェブサイト www.eigabikakkou.com
映画美学校があるKINOHAUSビル

代表理事は堀越謙三ユーロスペース代表)と松本正道アテネ・フランセ文化センター主任)[1]

目次

概要編集

1997年に発足し、2000年に東京都から特定非営利活動法人に認証される[2]。劇映画を学ぶ「フィクション・コース」、ドキュメンタリー映画制作を学ぶ「ドキュメンタリー・コース」、字幕翻訳者を育成する「映像翻訳講座」のほか、2011年に「脚本コース」、「アクターズ・コース」を、2012年に「批評家養成ギブス」が開講される[3]。受講生とプロのコラボレーションによってつくられた『あれから』(篠崎誠監督)が第25回東京国際映画祭「ある視点」部門に出品される[4]

主な修了生は、『呪怨』を監督した清水崇や『サウダーヂ』を監督した富田克也、『勝手にふるえてろ』を監督した大九明子、『ウルトラミラクルラブストーリー』を監督した横浜聡子などがいる。また監督以外に、撮影の花村也寸志(『映画 ビリギャル』)、四宮秀俊(『貞子vs伽椰子』)はじめ、多数の技術スタッフも輩出している。

主な講師編集

主な修了生編集

脚注編集

  1. ^ 概要”. 映画美学校. 2014年2月19日閲覧。
  2. ^ 映画美学校とは?”. 映画美学校. 2014年2月19日閲覧。
  3. ^ 【押忍!論壇女子部】第一回:映画美学校「批評家養成ギブス」開講記念イベントを突撃!”. WEB本の雑誌 (2012年7月16日). 2014年2月19日閲覧。
  4. ^ 篠崎誠監督、晴れの舞台で脚本を務めた愛弟子を称賛!”. 映画.com (2012年10月21日). 2014年2月19日閲覧。
  5. ^ フィクション・コース講師紹介”. 映画美学校. 2014年4月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年4月10日閲覧。
  6. ^ ドキュメンタリー・コース講師紹介”. 映画美学校. 2014年4月10日閲覧。
  7. ^ アクターズ・コース講師紹介”. 映画美学校. 2014年4月10日閲覧。
  8. ^ 脚本コース講師紹介”. 映画美学校. 2014年4月10日閲覧。
  9. ^ 映像翻訳講座 講師紹介”. 映画美学校. 2014年4月10日閲覧。
  10. ^ 修了生・在校生インタビュー”. 映画美学校. 2014年2月19日閲覧。

関連書籍編集

  • 映画の授業 映画美学校の教室から(2004年、青土社

外部リンク編集