松浦鉄道MR-500形気動車

松浦鉄道MR-500形気動車(まつうらてつどうMR-500がたきどうしゃ)は、松浦鉄道が保有する鉄道車両気動車)である。

松浦鉄道MR-500形気動車
Mr-500 sasebost.jpg
MR-501(佐世保駅)
基本情報
製造所 新潟鐵工所
主要諸元
軌間 1,067 mm
最高速度 95 km/h
車両定員 99名(座席46名)
自重 30.5t
全長 18,500 mm
全幅 2,990 mm
全高 4,000 mm
機関出力 新潟原動機DMF13HZ 330PS/2000rpm × 1
変速機 TACN-22-1606形 × 1
制動装置 常用:DE1A形自動空気ブレーキ
保安:直通予備ブレーキ
保安装置 ATS-SKEB装置列車無線装置
備考 松浦鉄道車両及びJR車両との総括制御運転可能
テンプレートを表示

概要編集

2000年の日蘭交流400周年記念事業の一環として、1999年日本宝くじ協会からの寄贈による宝くじ号として新潟鐵工所にてMR-501の1両が新製され、翌2000年1月から営業運転を開始した。愛称は「レトロン号」。

構造編集

松浦鉄道としてはMR-400形についで2両目の車体長18mの車両であり、現在同社唯一のトイレ(真空式)設置車両。車内は全座席転換クロスシートであり、外部デザインや塗色、照明、内装などはすべてレトロ調にまとめられている。カラオケ装置搭載。
後に、屋根上がダブルルーフから通常の物に変更されている。

運用編集

新製当初はたびら平戸口駅 - 佐世保駅を結ぶ快速列車等の固定運用に就いており、2000年1月 - 3月までは土曜日・休日にJRの快速「シーサイドライナー」に併結されて、たびら平戸口駅 - 長崎駅間を直通運転したこともあった。
2018年現在、通常は他車両と共通運用されているが、トイレ設置と車内設備を生かして夏期のビール列車や団体列車等には優先して投入されている。

参考文献編集

  • 交友社『鉄道ファン』2002年2月号(通巻466号)CAR INFO

関連項目編集