松浦静軒

江戸時代中期の篆刻家

松浦 静軒(まつうら せいけん、男性、生卒年不詳)は、江戸時代中期の日本の篆刻家である。

本姓は今井氏。を忠高、静軒は通称は松浦七郎左衛門。

略伝編集

信濃国今井村に生まれたので今井姓を名乗った。のちに安芸毛利家に仕官。その後、職を辞して母方の姓を名乗り、農商となる。長崎に移住後、出家して静軒と号する。

読書・文芸を好み、篆刻に優れた。とりわけ篆刻は、篆書・篆法に精しく、その奥義を細井広沢に伝授した。子の今井順斎鉄筆を揮った。

出典編集

関連項目編集