メインメニューを開く

松田 盛秀(まつだ もりひで)は、戦国時代武士後北条氏の家臣。北条早雲(伊勢盛時)・氏綱氏康の三代に仕えた。

 
松田盛秀
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
改名 顕秀→盛秀
官位 左馬助尾張守
主君 北条早雲氏綱氏康
氏族 松田氏
父母 父:松田頼秀
兄弟 盛秀康定(康隆)
北条為昌養女(北条綱成妹)
憲秀

略歴編集

松田頼秀の子として誕生。初名は顕秀。後に最初の主君である伊勢盛時から偏諱(「盛」の1字)を受けて盛秀と改名した。

小田原城の奉行と評定衆を務め、それとは別に天文24年(1555年)頃から鎌倉街道の要所であり、北条氏の直轄地である下総国関宿の代官を兼務するなど、後に北条氏の重臣となる子・憲秀と同じように早くから重臣として政務に関与していたと思われる。

永禄元年(1558年)4月に古河公方足利義氏鶴岡八幡宮に参拝した後、小田原城内で招かれた北条氏康主催の宴会では終了の挨拶を宿老達の中で一番始めに行い[1] 、義氏に馬と太刀を贈呈している。永禄2年(1559年)の役帳では小田原衆の筆頭者が、憲秀になっているので、この頃には家督を譲っていたものと推測される。没年は不明だが、以後の記録に乏しいため、前後に没したと思われる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『鶴岡八幡宮社参記』。松田盛秀・憲秀父子の次に遠山綱景笠原綱信清水康英石巻家貞が挨拶を述べている。(つまり彼らより松田親子の立場が上である事を物語っている。

出典編集