松脂岩(しょうしがん、pitchstone、ピッチストーン)は流紋岩質のガラス火山岩[1]

松脂岩の石積み

特徴編集

松脂(まつやに)の樹脂状の光沢を示す[1]黒曜岩に似るが、国際地質科学連合の分類では、黒曜岩の水分が1%以下なのに対して、水を1–10%含むため別の物と扱われている[2][3]

火山ガラスであるが、通常のガラス断口が貝殻状に割れるのと異なり、鋸状断口となる。

スコットランドアラン島では、中石器時代新石器時代から青銅器時代にかけて、この岩を使ったアイテムが数多く作られた[3]

脚注編集

  1. ^ a b 地質関係 岩石”. 鹿児島県. 2020年8月18日閲覧。
  2. ^ 岩石学辞典『黒曜岩』 - コトバンク。2016年6月24日閲覧。
  3. ^ a b Ballin, Torben Bjarke (2015). “Arran pitchstone (Scottish volcanic glass): New dating evidence”. Journal of Lithic Studies (University of Edinburgh) 2 (1): 5-16. doi:10.2218/jls.v2i1.1166.   

関連項目編集