メインメニューを開く

枕流王(ちんりゅうおう、生年不詳 - 385年)は百済の第15代の王(在位:384年 - 385年)であり、先代の近仇首王の嫡子。母は阿尓夫人。384年4月に先王が死去し、王位についた。『日本書紀』では枕流(とむる)と読まれた。は伝わっていない。子に阿莘王

枕流王
Baekje-monarchs(14-20).PNG
各種表記
ハングル 침류왕
漢字 枕流王
発音 チムニュワン
日本語読み: ちんりゅうおう
ローマ字 Chimnyu-wang
テンプレートを表示

治世編集

東晋と結んで高句麗に対抗しようとする基本外交姿勢を継承し、即位年の384年7月にも東晋への朝貢を行っている。また、同年9月には東晋から胡僧の摩羅難陀を迎えた。百済の仏教はこのときから始まるとされる。385年2月、漢山(京畿道広州市)に仏寺を開き、僧10人を得度させた。

385年11月に在位2年にして死去した。

参考文献編集