メインメニューを開く

林 正道(はやし まさみち、1925年(大正14年) - )は、日本工学者、元地方公務員実業家工学博士北海道大学)。北見工業大学道都大学学長。北見工業大学・道都大学名誉教授。専門は、コンクリート工学

略歴編集

北海道江別市出身。1948年(昭和23年)に北海道大学工学部土木工学科を卒業し、北海道庁網走土木現業所に入所。1951年(昭和26年)北海道開発局土木試験所に移る。1970年(昭和45年)同所所長。1975年(昭和50年)北海道開発局退官日本セメント顧問1977年(昭和52年)北見工業大学工学部教授1984年(昭和59年)北見工業大学4代学長に就任。1990年(平成2年)北見工業大学退官。道都大学美術学部教授。1993年(平成5年)道都大学3代学長に就任。1997年(平成9年)道都大学退職。

宝生流謡曲を学び、謡曲を嗜むという趣味を持つ。

受賞歴編集

著書編集

  • 清水昭と共著『寒中および暑中コンクリート . 軽量骨材コンクリート』(山海堂, 1980年)
  • 鮎田耕一と共著『コンクリート工学 : 耐久性・寒中コンクリート詳説』(山海堂, 1993年)

参考文献編集

先代:
小池東一郎
北見工業大学学長
第4代: 1984年 ‐ 1990年
次代:
平林眞
先代:
小池東一郎
道都大学学長
第3代: 1993年 ‐ 1997年
次代:
櫻井淳