メインメニューを開く

柏 祐賢(かしわ すけかた、1907年11月10日 - 2007年3月12日)は、日本の農学者。第2代京都産業大学学長京都大学名誉教授農学博士(京都帝国大学、1948年)。李登輝台湾元総統の恩師として知られる。農業経済学の権威。

略歴編集

  • 1933年 京都帝国大学農学部農林経済学科卒業、農林省入省
  • 1936年 京都帝国大学農学部助手
  • 1939年
  • 1947年4月 京都帝国大学人文科学研究所教授
  • 1948年8月 農学博士(京都大学)。論文の題は「経済秩序個性論:中国経済の理論的研究」[1]
  • 1949年5月 京都大学農学部教授(農史講座、1952年より農学原論講座担当)
  • 1962年5月 京都大学評議員(1964年5月まで)
  • 1967年8月 京都大学学生部長(1968年4月まで)
  • 1969年2月 京都大学農学部長事務取扱(12月まで)
  • 1971年
  • 1972年4月 京都産業大学教養部長
  • 1976年4月 京都産業大学副総長
  • 1978年9月 京都産業大学学長(1996年9月まで)
  • 1979年7月 学校法人京都産業大学理事長(1999年6月まで)

受賞歴・叙勲歴編集

2001年 勲二等瑞宝章受章

著書編集

  • 『経済科学の構造』弘文堂書房、1943年
  • 『北支の農村経済社会 その構造と展開』弘文堂書房、1944年
  • 『経済秩序個性論』人文書林、1947-1948年
  • 『企業者』弘文堂書房、1947年
  • 『転換期に立つ日本農業』富民社、1948年
  • 『農業政策』朝日新聞社、1950年
  • 『資本主義的投資と過剰就業』過剰就業研究会、1956年
  • 『資本主義のメカニズム』関書院、1957年
  • 『新しい農民地図』明文堂、1958年
  • 『日本農業概論』養賢堂、1960年
  • 『農業政策論』養賢堂、1962年
  • 『農学原論』養賢堂、1962年
  • 『ドイツ人のつら魂』経済往来社、1963年
  • 『日本農業の未来像』富民協会、1964年
  • 『農業問題の正しい認識』富民協会、1966年
  • 『農政への期待』富民協会、1968年
  • 『危機の歴史観』未來社、1968年
  • 『現代のこころ』富民協会、1970年
  • 『農政の基調』富民協会、1970年
  • 『秋の夕映え』富民協会、1971年
  • 『農学の定礎者 テーヤの生涯』富民協会、1975年
  • 『西ドイツの農業政策』ミネルヴァ書房、1977年
  • 『新時代の農業』富民協会、1977年
  • 『戦後農政の再検討』(共編著) ミネルヴァ書房、1978年
  • 『農学のゆくえ』富民協会、1980年
  • 『大学の道』日本経済評論社、1981年
  • 『現代のいぶき』北斗書房、1983年
  • 『学問の道標』未來社、1984年
  • 『柏祐賢著作集』全25冊 京都産業大学出版会、1985-1990年
  • 『晩秋の囁き』北斗書房、1996年
  • 『戦後のヨーロッパ旅行印象記』北斗書房、1997年
  • 『爽やかな展望』北斗書房、1998年
  • 『墨薫 柏祐賢筆跡集』北斗書房、1999年
  • 『残照』北斗書房、2006年

関連書編集

  • (柏祐賢博士還暦記念出版)『近代農学論集』養賢堂、1971年
  • (農業原論研究会編)『柏祐賢教授史観をめぐる40年』未來社、1971年
  • (柏祐賢著作集完成記念出版)『現代農学論集』日本経済評論社、1988年
  • (柏久編著)『「生きる」ための往生 李登輝台湾前総統恩師柏祐賢の遺言』昭和堂、2007年

脚注編集

  1. ^ 博士論文書誌データベース
先代:
荒木俊馬
学校法人京都産業大学学長
第2代: 1978年 - 1996年
次代:
新田政則