柱に繋がれたキリスト (アントネロ・ダ・メッシーナ)

柱に繋がれたキリスト』(はしらにつながれたキリスト、: Cristo alla colonna, : Christ at the Column)は、イタリア・ルネサンスの画家アントネロ・ダ・メッシーナが1476年から1478年ごろに制作した「キリストの鞭打ち」をテーマにした絵画である。パリルーヴル美術館に所蔵されている。

『柱に繋がれたキリスト』
イタリア語: Cristo alla colonna
英語: Christ at the Column
Antonello da Messina - Christ at the Column - WGA0744.jpg
作者アントネロ・ダ・メッシーナ
製作年1476-1478年ごろ
種類油彩、板
寸法25.8 cm × 21 cm (10.2 in × 8.3 in)
所蔵ルーブル美術館パリ

作品はアントネロ・ダ・メッシーナの晩年に描かれたもので、初期フランドル絵画の油彩技法と15世紀ヴェネツィア派絵画の影響を、画家が自家薬籠中のものとしていることを示している。作品の小さなサイズから本来もっと大きな作品が切り詰められたと考えられたこともあったが、そのようなことはない。この作品のサイズは携行可能な個人祈祷用の絵画であったことを示し、実際に見て祈る所有者にキリストの受難を個人的に体験させるべく制作されているのである[1]

キリストの顔は、アントネロの通常のテーマであり、プラド美術館に所蔵されている『天使に支えられる死せるキリスト』を繰り返している。しかし、ルーヴル美術館の作品で描かれているキリストの顔には、苦悶がほかのアントネロの作品には見られない激しさで描写されている。汗に濡れた髪の毛、髭、歯が覗いている開いた口、透明な涙、滴り落ちる血など画家の細部表現が際立っている。

出典編集

  1. ^ ルーヴル美術館 収蔵絵画のすべて、2011年発行、47項参照 ISBN 978-4-7993-1048-9 2021年4月30日閲覧