メインメニューを開く

柳川 信貞(やながわ のぶさだ、生没年不詳)とは、江戸時代大坂浮世絵師

来歴編集

柳川重信の門人、大坂の人。文政5年(1822年)重信が大坂に上った折に入門し、翌文政6年の作に「江戸重信門人雪信改信貞」と署名しており、はじめは雪信と称したことが知られる。作画期は文政3年(1820年)頃から天保初期にかけてで、役者絵美人画を残す。

作品編集

参考文献編集

  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年 ※126頁