メインメニューを開く

柳沢 剛(やなぎさわ つよし、1929年2月21日 - 1989年7月4日)は、日本の作曲家

長野県松本市出身。諏訪商業高等学校を経て、1951年日本大学芸術学部卒業、東京都の小学校教諭を務めた後、1958年日本大学講師、1982年上越教育大学助教授、のち教授[1]

貴島清彦に師事。1957年日本音楽コンクール作曲部門声楽曲一位。1971年からNHKの音楽を多く担当、「小犬のプルー」や「真田十勇士」で知られた。日本現代音楽協会会員。日本作曲家協議会会員。日本音楽著作権協会(JASRAC)会員。

作曲・音楽担当編集

脚注編集

  1. ^ 細川周平・片山杜秀監修『日本の作曲家』日外アソシエーツ、2008

参考編集