柳沢 安吉(やなぎさわ やすよし)は、江戸時代前期の旗本通称は信文、のち孫左衛門。柳沢信俊の三男。母は石原昌明の娘。

 
柳沢安吉
時代 江戸時代前期
生誕 文禄4年(1595年
死没 貞享3年閏3月6日1686年4月28日
別名 信文、孫左衛門(通称
戒名 桃林院殿沢翁孫柳居士
墓所 東京都新宿区市谷河田町正覚山月桂寺
幕府 江戸幕府 富士見宝蔵番、三丸番、西丸広敷番頭本丸広敷番頭
主君 徳川秀忠忠長家綱
氏族 柳沢氏
父母 柳沢信俊石原昌明
兄弟 横手源七郎、曽根孫右衛門、米倉永時室、高屋吉久室、安吉安忠
窪嶋孫兵衛
信安吉次安冶信花
テンプレートを表示

安吉の致仕後、長男の信安が既に没していたため、孫の時憲が家督を継いだ。

江戸幕府5代将軍徳川綱吉の元で側用人として活躍した柳沢吉保は、弟・安忠の子である。

年表編集

※日付は旧暦

  • 慶長18年(1613年) - 将軍徳川秀忠に初御目見え。160石を与えられる
  • 慶長19年(1614年) - 大坂冬の陣に供奉。その最中に父・信俊が病死したため帰還後、家督相続(230石)。先に得た160石は弟安忠に与える
  • 元和8年(1622年) - 徳川忠長に仕える。忠長改易の後は浪人となる
  • 寛永17年(1640年) - 幕府に再出仕を命じられ、富士見宝蔵番となる
  • 寛永18年(1641年)11月15日 - 知行地を下総国匝瑳郡に移される
  • 寛永20年(1643年)8月31日 - 竹千代(のちの将軍徳川家綱)付きとなり、三丸番を務める
  • 寛永20年(1643年)12月18日 - 知行230石を蔵米230俵に改められる
  • 慶安3年(1650年)8月23日 - 西丸広敷番頭となる。のち本丸に異動
  • 万治2年(1659年)12月24日 - 200俵加増される(都合430俵)
  • 寛文6年(1666年)3月24日 - 高齢のため辞職。寄合となる
  • 貞享2年(1685年)7月11日 - 致仕。同日、孫の時憲が家督を継ぐ
  • 貞享3年(1686年)閏3月6日 - 死去。享年92。月桂寺に葬られる。法名、桃林院殿沢翁孫柳居士

系譜編集

参考文献編集