メインメニューを開く
柳沢徳忠

柳沢 徳忠(やなぎさわ のりただ、嘉永7年閏7月11日1854年9月3日) - 昭和11年(1936年1月16日)は、越後三日市藩の第8代・最後の藩主。7代藩主・柳沢泰孝の長男。母は松浦皓の娘。正室は堀直休の娘浪。子は柳沢徳鄰(長男)、娘(立花鑑寛の四男・立花寛篤の正室)、娘(米田国臣室)。官位は従五位下、信濃守。幼名は彰太郎。

安政3年(1856年)4月4日、父泰孝の死により家督を相続した。3歳であった。慶応4年(1868年)3月18日に江戸を出発し、4月6日に三日市へ到着した。藩財政が破綻を迎える中での歴代藩主で初めて入部であった、明治元年(1868年)7月28日、官軍に降伏した。同年8月21日、新潟で官軍を率いる小松宮彰仁親王に拝謁した。恭順後は新発田藩と軍事行動を共にしている。同年12月3日、従五位下信濃守に叙任する。明治2年(1869年)6月21日、版籍奉還により三日市藩知事に就任する。1884年(明治17年)7月8日、子爵を叙爵した[1]。昭和11年(1936年)に死去した。

栄典編集

脚注編集

  1. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  2. ^ 『太政官日誌』明治6年、第157号


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
三日市柳沢家初代
1884年 - 1936年
次代:
柳沢徳鄰