小松宮彰仁親王

日本の皇族、陸軍軍人

小松宮彰仁親王(こまつのみや あきひとしんのう、弘化3年1月16日1846年2月11日) - 1903年明治36年)2月18日)は、日本皇族陸軍軍人官位元帥陸軍大将大勲位功二級

小松宮彰仁親王
Prince Komatsu Akihito.jpg
続柄 伏見宮邦家親王の第8王子

称号 元帥陸軍大将大勲位功二級小松宮彰仁親王殿下
身位 親王
敬称 殿下
出生 1846年2月11日
日本の旗 日本京都
死去 (1903-02-18) 1903年2月18日(57歳没)
大日本帝国の旗 大日本帝国東京府
埋葬 1903年2月26日
豊島岡墓地
配偶者 有馬頼子
子女 依仁親王(養子)
父親 伏見宮邦家親王
母親 堀内信子
役職 元帥陸軍大将近衛師団長参謀総長、博愛社総長 → 日本赤十字社初代総裁、大日本水産会会頭、大日本山林会総裁、大日本武徳会総裁、高野山興隆会総裁 他多数
テンプレートを表示

伏見宮邦家親王第8王子である。妃は、旧・久留米藩有馬頼咸の長女頼子

明治維新時には三職のうち議定となり仁和寺宮嘉彰親王と名乗っていた。

経歴編集

 
幕末期。仁和寺宮嘉彰時代の写真(中央の人物)

安政5年(1858年)、仁孝天皇猶子となり、親王宣下を受け純仁親王を号し、仁和寺第三十世の門跡に就任した。慶応3年(1867年)、還俗を命ぜられ仁和寺宮嘉彰親王(にんなじのみや よしあきしんのう)と名乗る。明治維新にあっては、議定、軍事総裁に任じられた。戊辰戦争では、奥羽征討総督として官軍の指揮を執った。

1870年明治3年)に宮号東伏見宮に改める。1874年明治7年)に勃発した佐賀の乱においては征討総督として、また、1877年(明治10年)の西南戦争にも旅団長として出征し乱の鎮定に当たった。1881年(明治14年)に維新以来の功労を顕彰され、家格世襲親王家に改められる。翌1882年(明治15年)に、宮号を仁和寺の寺域の旧名小松郷に因んで小松宮に改称した。

親王は、ヨーロッパ君主国の例にならって、皇族が率先して軍務につくことを奨励し、自らも率先垂範そっせんすいはんした。1890年(明治23年)、陸軍大将に昇進し、近衛師団長参謀総長を歴任、日清戦争では征清大総督に任じられ旅順に出征した。1898年(明治31年)に元帥府に列せられる。

国際親善にも力を入れ、1886年(明治19年)にイギリスフランスドイツロシア等ヨーロッパ各国を歴訪した。また、1902年(明治35年)、イギリス国王エドワード7世戴冠式明治天皇名代みょうだいとして臨席した。

社会事業では、日本赤十字社大日本水産会大日本山林会大日本武徳会高野山興隆会などの各種団体の総裁を務め、皇族の公務の原型を作る一翼を担った。

その他、経歴の一つとして、蝦夷地(北海道)の“開拓”に清水谷侍従と共に関わっている。この事の詳細は、公文書として『仁和寺宮蝦夷開拓ニ付申立并職務任免ノ御達[1]』に記述されている。

年譜編集

 
小松宮彰仁親王(前列左)。1881年ハワイ王国カラカウア国王(前列中央)来日時の写真。
 
上野恩賜公園にある小松宮像

栄典編集

外国勲章佩用允許

小松宮家編集

 
小松宮邸(駿河台

1881年(明治14年)、彰仁親王は永世皇族となる。もともとは一代限りの皇族であった。1885年(明治18年)12月、子どものいなかった彰仁親王は、伏見宮邦家親王の第17王子依仁親王(当時の名前は定麿王)を養子に迎えた。しかし、しだいに依仁親王を排除し、北白川宮能久親王の第4王子輝久王を後継者にしようと考えるようになった。1902年(明治35年)4月、宮内大臣の田中光顕臣籍降下し、輝久王を養子に迎えることを願う。

田中が難色を示すと、彰仁親王本人が臣籍降下を断念する代わりに輝久王を臣籍降下させて侯爵として、財産を相続させて、依仁親王を別家させることを願った。その結果、1903年(明治36年)1月、依仁親王との養子縁組は解消されて、依仁親王は東伏見宮家を創設した。ただし、輝久王の臣籍降下は認められなかった。

1903年(明治36年)2月、彰仁親王は薨去、頼子妃らは輝久王の小松宮家相続を願ったものの、認められなかった。そのため、小松宮は一代で絶家することになった。しかし、1910年(明治43年)7月20日、輝久王は臣籍降下し、小松輝久侯爵と名乗り、小松宮祭祀を継承した。

血縁編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『仁和寺宮蝦夷開拓ニ付申立并職務任免ノ御達』 - 〔簿冊標題:公文録・明治元年・第四十五巻・丁卯十二月~戊辰十二月・皇族伺〕 [リンク切れ]
  2. ^ 『官報』第2539号「叙任及辞令」1891年12月15日。
  3. ^ 官報』第1928号「宮廷錄事」「彙報 - 大日本帝国憲法発布記念章送付」1889年(明治22年)11月30日。
  4. ^ 『官報』第3631号「授爵・叙任及辞令」1895年(明治28年)8月6日。
  5. ^ 『官報』第713号「賞勲」1885年(明治18年)11月14日。

関連項目編集

外部リンク編集


公職


先代:
-
  初代外国事務総裁
1868年1月9日 - 同1月17日
次代:
山階宮晃親王
三条実美
伊達宗城
東久世通禧
外国事務総督
先代:
織田泉之
箱館奉行
初代箱館裁判所総裁
1868年4月12日 - 同年閏4月5日
次代:
清水谷公考
先代:
-
初代兵部卿
1869年8月15日 - 1870年1月24日
次代:
有栖川宮熾仁親王
軍職
先代:
-
  初代 近衛師団長
1891年12月14日 - 1895年1月28日
次代:
北白川宮能久親王
先代:
有栖川宮熾仁親王
  第2代 参謀総長
1895年1月26日 - 1898年1月20日
次代:
川上操六