柳沢里済

柳沢 里済(やなぎさわ さとずみ、宝永6年(1709年) - 享保20年11月2日1735年12月15日))は、越後黒川藩の第2代藩主。大和郡山藩士・柳沢保教柳沢吉保の姉婿である柳沢信花の養子)の五男。母は田中氏。官位は従五位下、刑部少輔伊勢守。名は里住とも。

享保10年(1725年)、先代藩主の経隆が早世したため、その養嗣子として跡を継ぎ、同年12月18日に叙任する。大坂加番や日光祭礼奉行を務めるなどしたが、養父同様に享保20年(1735年)11月2日、27歳の若さで江戸牛込の藩邸にて死去した。跡を養嗣子の里旭が継いだ。なお、里済の代から松平姓を改めて柳沢姓を称することを命じられている。法号は鷲峰院一枝道華。墓所は東京都新宿区市ヶ谷河田町の正覚山月桂寺。