メインメニューを開く

座標: 北緯37度26分24秒 東経139度41分38秒 / 北緯37.439991度 東経139.693995度 / 37.439991; 139.693995

柳津西山地熱発電所(やないづにしやまちねつはつでんしょ)は、福島県河沼郡柳津町黒沢にある東北電力の無人地熱発電所。奥会津地熱株式会社が管理を担任している。

Crystal energy.svg 柳津西山地熱発電所
やないづにしやまちねつはつでんしょ
柳津西山地熱発電所
柳津西山地熱発電所
種類 地熱発電
電気事業者 【蒸気部門】
奥会津地熱株式会社

【発電部門】
東北電力株式会社
所在地 日本の旗 日本
福島県河沼郡柳津町大字黒沢
1号機
発電方式 シングルフラッシュ
出力 6.5万 kW
着工日 1993年8月
営業運転開始日 1995年5月25日
テンプレートを表示

目次

概要編集

1995年平成7年)5月運転開始。単一ユニットとしては日本の地熱発電所で最大の出力65,000kWを誇る。最大で約10万世帯の一般家庭が消費する電力を賄うことができる。発電所は無人だが、PR館(12月末から3月末までは休館)が併設されている他、予約をすれば発電所の見学も可能である。雪深い会津地方に所在するため、12月末から3月末までの期間はPR館が休館するが、発電所は無人で運転し続ける。発電所は、必要に応じて秋田火力発電所から遠隔操作されている。

発電のほか、発電の際に地中から噴出する硫化水素等を回収するプラントをもち、回収物を肥料や火薬の原料として内外の企業に向け出荷している。

また、近隣には自噴型の温泉が立地しているが、地熱発電所が温泉に悪影響を与えたことはなく、温泉は無事に湧き出し続けている。

この発電所の特徴として火山性ガスにより単位電力量あたりのCO2排出量が比較的大きい事にある。

発電設備編集

  • 定格出力:65,000kW[1]
  • 営業運転開始:1995年(平成7年)5月
  • 蒸気量と成分について[2]
    • 蒸気量:382t/h
    • 非凝縮性ガス:2.69~3.23vol%  内CO2 95.3~96.8% H2S 2.5~4.0%
    • 発電量54100kWから 電力量あたりのCO2排出量は (0.45~0.55) kg-CO2/kWh


交通アクセス編集

脚注編集

  1. ^ 東北電力 概要
  2. ^ [1] 地熱開発における行為の概要]

外部リンク編集