メインメニューを開く

柳生 矩美(やぎゅう のりよし、宝永2年(1705年) - 享保6年6月24日1721年7月18日))は、大和柳生藩の世嗣。因幡国鹿奴藩主・池田仲澄の五男。通称は隼人。

柳生藩主・柳生俊方の養子となっていた宗盈が廃嫡された後、新たな養子に迎えられる。享保2年(1717年徳川吉宗に拝謁するが、享保6年(1721年)に家督を相続することなく早世した。代わって、伊勢国桑名藩から俊平が養子に迎えられ、嫡子となった。