メインメニューを開く

柳田国際法律事務所(やなぎだこくさいほうりつじむしょ)は、日本法律事務所M&A独禁法その他の企業法務訴訟などが主な業務である。

柳田国際法律事務所
企業形態 任意組合(推定)
業種 サービス業
前身 柳田野村法律事務所(改称)
設立 1972年
本社

有楽町一丁目7番1号 有楽町電気ビル北館1310区

日本国東京都千代田区
拠点数 1
主要人物 柳田幸男(ファウンディング・パートナー)
柳田一宏(マネージング・パートナー)
サービス 法律事務
従業員数 弁護士22名(2014年8月31日)
テンプレートを表示

王子製紙による北越製紙に対する敵対的買収に関しては、ホワイトナイトとして関与した日本製紙法律顧問を務めている。

沿革編集

  • 1972年(昭和47年)4月 - 濱田邦夫及び柳田幸男により、柳田濱田法律事務所(Hamada & Yanagida)が設立。
  • 1975年(昭和50年)4月 - 柳田濱田法律事務所が分裂し、濱田松本法律事務所(Hamada & Matsumoto)と柳田法律事務所に。
  • 1983年(昭和58年) - 柳田法律事務所、野村晋右をパートナーに迎え、柳田野村法律事務所(Yanagida & Nomura)に改称。
  • 2009年(平成21年)6月 - 所長の野村晋右が分離し、野村綜合法律事務所を設立。
  • 2010年(平成22年)1月 - 柳田国際法律事務所(Yanagida & Partners)に改称。

所属弁護士編集

外部リンク編集