柴田 吉和(しばた よしかず、1978年1月13日 - )は、競技麻雀プロ雀士山形県村山市出身、血液型O型日本プロ麻雀連盟所属(現在[いつ?]、同団体内での段位は四段)。

人物編集

  • 2012年に日本プロ麻雀連盟28期生としてプロデビュー。
  • 2014年に第28期新人王を獲得。
  • 2015年の第32期十段位戦に新人王シードとして四段戦Sから出場し、逆転勝利などを積み重ね決勝戦に進出を果たす。決勝戦の道中はダンプ大橋と途中敗退を争ったが何とか踏み止まり望みを繋ぎ、最終戦オーラスは藤崎智ディフェンディングチャンピオン櫻井秀樹による一騎討ちだったが、三倍満ツモ条件で役満国士無双をツモアガリ、タイトル戦史上初となる最終戦オーラス役満ツモを決め、第32期十段位を獲得。
  • 2016年に第1回モンドチャレンジマッチに出場し、卓内トップを取り第17回モンド杯に初出場を果たす。
  • 2018年から2019年にかけて行われた第19回モンド杯では予選2位通過で初の決勝進出。決勝第1戦では苦しいラスだったものの、第2戦で70000点に迫る大トップで決勝第1戦トップだった白鳥翔との100pt近い差を捲り、最後は自力でアガってモンド杯史上稀に見る大逆転で悲願の初優勝を果たした。
  • 序盤劣勢な状況から後半逆転することが多いため、「逆転の柴田」という異名を持つ。

獲得タイトル編集

関連項目編集