メインメニューを開く

村山市(むらやまし)は、山形県中央部にある人口約2万5千人の。旧北村山郡及び西村山郡の一部。

むらやまし
村山市
林崎居合神社
Flag of Murayama Yamagata.JPG
Symbol of Murayama Yamagata.svg
村山市旗 村山市章
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 山形県
団体コード 06208-1
法人番号 5000020062081
面積 196.98km2
総人口 23,038[編集]
推計人口、2019年6月1日)
人口密度 117人/km2
隣接自治体 寒河江市東根市尾花沢市河北町大石田町大蔵村舟形町
市の木 アカマツ
市の花 バラ
村山市役所
市長 志布隆夫
所在地 995-8666
山形県村山市中央一丁目3番6号
Murayama City Hall 1.JPG
外部リンク 公式ウェブサイト

村山市位置図

― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト
村山市中心部付近の空中写真。1976年撮影の4枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
葉山

目次

地理編集

東西に広い形をしており、東西を山(奥羽山脈と出羽丘陵)に囲まれ、中央には最上川(もがみがわ)が北に流れる。最上川はかつて舟運の道として使われており、当時「三難所」と呼ばれていた「碁点(ごてん)」「三ケ瀬(みかのせ)」「隼(はやぶさ)」が村山市内に集中して存在する。

気候編集

年間平均気温は11度前後。冬の寒さは厳しく、気温が零下15度を下回ることもある。夏は暑く、寒暖の差は大きい盆地型の気候である。

極値2002年 - )[1]

要素 観測値 観測年月日
最高気温 35.9℃ 2010年8月5日
最低気温 -17.3℃ 2004年1月10日

人口編集

 
村山市と全国の年齢別人口分布(2005年) 村山市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 村山市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
村山市(に相当する地域)の人口の推移
 
総務省統計局 国勢調査より

歴史編集

市域の変遷編集

歴代市長編集

氏名 就任年月日 退任年月日 備考
初-2 伊藤興道 1954年12月20日 1962年
3-4 伊藤芳夫 1962年11月8日 1970年11月7日
5 結城吉之助 1970年11月8日 1974年11月7日
6-7 大戸正彦 1974年11月8日 1982年
8-12 佐藤昌一郎 1982年6月6日 2002年6月5日
13 菊池汪夫 2002年6月6日 2005年
14-15 佐藤清 2005年9月11日 2013年9月10日
16-17 志布隆夫 2013年9月11日 現職

※歴代市長[2]

行政編集

市長編集

  • 志布隆夫(2期目)
  • 任期:2021年9月10日

市議会編集

  • 定数:16人
  • 任期:2019年10月31日

警察編集

産業編集

郵便局編集

  • 村山郵便局(集配局)
  • 村山大久保郵便局 (集配局)
  • 白鳥郵便局 (集配局)
  • 大高根郵便局
  • 河島郵便局
  • 袖崎郵便局
  • 富本郵便局
  • 村山北町郵便局
  • 大倉簡易郵便局
  • 岩野簡易郵便局
  • 山内簡易郵便局
  • 森山簡易郵便局

金融機関編集

姉妹都市・友好都市編集

国内
海外

教育編集

 
山形県立楯岡高等学校
高等学校
中学校
  • 村山市立葉山中学校
    (2004年4月に、村山市立葉山中学校、村山市立戸沢中学校、村山市立大高根中学校の3校が統合されて開校)
  • 村山市立楯岡中学校
    (2005年4月に、村山市立楯岡中学校、村山市立袖崎中学校、村山市立西郷中学校の3校が統合されて開校)
小学校
  • 村山市立楯岡小学校
  • 村山市立袖崎小学校
  • 村山市立西郷小学校
  • 村山市立大倉小学校
  • 村山市立戸沢小学校
  • 村山市立大久保小学校
  • 村山市立富並小学校
  • 村山市立冨本小学校


社会教育施設編集

村山市立図書館編集

村山市の図書館は、地元名士の喜早彦太が開館させた喜早図書館に始まる。喜早は進学のために東京にいる間、たびたび東京書籍館を訪れては本を読んでいた[3]。その経験から図書館の有用さを体験し、地域への奉仕のために図書館建設の意志をあらわにした[3]。喜早の図書館は自宅周辺の土地1155平方メートルに建てられることになり、1918年5月7日に工事が着工、翌年9月20日に竣工[4]、その建設費用は116,400円を要した[3]。図書の購入にも喜早の私財が投入され、最終的に図書館の開館に要した費用は約165,000円にもふくれあがった[3]

1920年10月10日に喜早図書館は開館の日を迎えた[5]。開館に当たっては当時の東京大学付属図書館長・和田廣吉、山形県知事・依田銈次郎が式典に出席し、日本図書館協会長・坪谷善四郎が祝の詞を贈った[6]。1923年に図書館は財団法人喜早図書館として認可を受け、補助金が下りるようになったが、その後も私財が投じられている[5]

1947年、楯岡町に簡易裁判所区検察庁が設置されることになったが、庁舎に適した建物がなかったことから、喜早図書館に同居させられた(なお、両施設は、1950年度に庁舎が建てられ、移転している[7][8]。この同居により、図書館サービスの質は著しく低下し、貸出のみの業務となった[9]。1949年、図書館建物が裁判所の所有になるという噂を聞きつけた町は、「図書館を町のものさせて欲しい」と願い出る文書を図書館側へ送り、1951年4月3日に楯岡町へ図書館が寄贈された[7]。楯岡町に喜早図書館が寄贈されたことで図書館は楯岡町図書館と改名された[10]。村山市が誕生すると「村山市立公民館図書部」に改名され、1979年にようやく「村山市立図書館」として開館した[11]

2016年現在は甑葉プラザに入居する形で図書館が運営されている。移転後の旧館は、1億円以上を投じて全面的な改装を施す案、4千万円程度で規模を縮小した改装を施す案、同額程度で閉架書庫とする案、1千万円程度で取り壊し、跡地を公園とする案が上がったが、町内会が廃墟化を恐れたことから、取り壊す方向で決まり[12]、取り壊された[13]

交通編集

 
村山駅

鉄道路線編集

山形新幹線村山駅がある。なお、村山駅は山形新幹線の山形 - 新庄間開通に合わせて、1999年(平成11年)12月4日に楯岡(たておか)駅から改称された。

路線バス編集

道路編集

高速道路
東北中央自動車道:(村山IC:予定)
一般国道
国道13号国道347号
都道府県道
主要地方道
山形県道25号寒河江村山線
山形県道29号尾花沢関山線
山形県道36号新庄次年子村山線

空港編集

市域内に空港はない。最寄りの空港は東根市山形空港である。

食文化編集

大石田町尾花沢市と並び蕎麦の実の生産が盛んであり、村山市の西部には最上川を挟んで最上川三難所そば街道が存在する。田舎蕎麦として知られる板そばを提供している店が多い。

ひっぱりうどんの発祥の地でもある。

観光ほか編集

著名な出身者編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 気象庁(村山の観測史上1 - 10位の値)
  2. ^ 村山市ホームページ
  3. ^ a b c d 村山市史編さん委員会 1999a, p. 445.
  4. ^ 『財団法人喜早図書館概覧 昭和14年2月』喜早図書館、1939年2月12日、1頁。全国書誌番号:46049872NDLJP:1145099
  5. ^ a b 村山市史編さん委員会 1999a, p. 446.
  6. ^ 村山市史編さん委員会 1999a, pp. 446-447.
  7. ^ a b 村山市史編さん委員会 1999b, p. 255.
  8. ^ 村山市史編さん委員会 1999b, p. 254.
  9. ^ 村山市史編さん委員会 1999b, pp. 254-255.
  10. ^ 村山市史編さん委員会 1999a, pp. 448-449.
  11. ^ 村山市史編さん委員会 1999a, p. 449.
  12. ^ 杉本崇 (2009年3月24日). “大正の図書館、解体へ 村山市「活用案出ず」秋にも 住民ら、保存訴え署名”. 朝日新聞 朝刊 山形・1地方面 (朝日新聞) 
  13. ^ “《セピア色の風景帖》 第91回 旧村山市立図書館”. 山形コミュニティ新聞社. (2016年1月8日). http://www.yamacomi.com/5613.html 

参考文献編集

  • 『村山市史 近現代編 上巻』村山市史編さん委員会、村山市、1999年3月31日。
  • 『村山市史 近現代編 下巻』村山市史編さん委員会、村山市、1999年3月31日。

関連項目編集

  • 東村山市…東京都に位置する。村政時代から「東村山」という名であった。
  • 武蔵村山市…東京都に位置する。町制時「村山町」であったが、市制施行の際、当市との同名回避の為に「武蔵村山市」とした。

外部リンク編集