柿沼敏江

柿沼 敏江(かきぬま としえ)は日本の音楽学者、翻訳家。京都市立芸術大学音楽学部音楽学教授(西洋音楽史)[1][2]西洋音楽史専攻。専門はアメリカ音楽、現代音楽

目次

経歴編集

静岡県生まれ。国立音楽大学音楽学部楽理科卒業後、お茶の水女子大学大学院人文科学研究科修士課程修了。お茶の水女子大学大学院在学中に、現代音楽祭「パン・ムジーク・フェスティヴァル」の音楽評論のコンクール「アドホック・クリティック」で、第1位「音楽之友社賞」を受賞。

その後、カリフォルニア大学サンディエゴ校音楽学部博士課程に進学、理論実験(Theoretical Experimental)コースを専攻。1989年ハリー・パーチの創作楽器に関する研究で博士号(音楽学Ph.D.)を取得。

帰国後は、明治学院大学などで教鞭をとるとともに、『音楽芸術』、『読売新聞』、『フィルハーモニー』、『アサヒ・イヴニング・ニュース』、『グラモフォン・ジャパン』などに執筆。アメリカの雑誌『EAR』や『ハイ・パフォーマンス』などにも寄稿した。多様化する現代の音楽状況について研究を続けている。

主要著書編集

主要訳書編集

脚注編集