栗原 健(くりはら けん、1911年 - 2005年12月2日)は、日本のアーキビスト歴史学者文学博士。専門は、外交史日本近代史

略歴編集

1934年、國學院大學国史科を卒業。1935年、外務事務官として外務省に入省する。

文書課に配属され、外交文書や電報類の整理に従事して以来、『日本外交文書』・『終戦史録』(1952年)・『日本外交年表並主要文書 1840-1945』(1955年)・『外務省の百年』上・下(1969年)の編纂や外交史料館の立ち上げ(1971年開館)に尽力した。

外務省退官後も『日本外交文書』編纂委員・顧問、また日本国際政治学会名誉理事として後進の指導に当たった。また、外交文書の閲覧のために来訪する海外の研究者に対しても、懇切丁寧に対応してその研究を支援し続けた。

以上の功績により、1979年には国際交流基金より「国際交流奨励賞」を授与されている。

1999年、自ら目録を作成して、自分の蔵書を南開大学に寄贈した。

著書編集

単著編集

共著編集

編著編集

編纂史料編集

参考編集