メインメニューを開く

根本 正義(ねもと まさよし、1942年2月1日 - )は、日本近代児童文学研究者、東京学芸大学名誉教授。 東京生まれ。1964年立正大学文学部国文学科卒業。71年同大学院修士課程修了。東京学芸大学助教授、教授、東京学芸大学附属大泉小学校校長、2007年定年退官、名誉教授。

根本 正義
人物情報
生誕 (1942-02-01) 1942年2月1日(77歳)
日本の旗 日本 東京市荒川区
国籍 日本の旗 日本
出身校 立正大学
学問
研究分野 児童文学
国語教育
研究機関 東京学芸大学
学位 文学修士
影響を
受けた人物
大久保典夫
浅野晃
学会 日本児童文学学会
日本読書学会
全国大学国語教育学会
日本国語教育学会
昭和文学会
主な受賞歴 赤い鳥文学賞特別賞
日本児童文学学会賞
テンプレートを表示

目次

著書編集

  • 『高等学校国語教育と児童文学』三英社 (印刷者) 1964
  • 鈴木三重吉論 三重吉の綴方理論をめぐって』三崎印刷 (印刷者) 1965
  • 『鈴木三重吉研究』三浦印刷 (印刷者) 1968
  • 『「赤い鳥」盛衰史』高文堂出版社 1969
  • 『続・鈴木三重吉研究』高文堂出版社 1970
  • 『鈴木三重吉と「赤い鳥」』鳩の森書房 1973
  • 『幼児教育のための児童文学 子どもの文化と絵本・幼年童話』高文堂出版社 1974
  • 『昭和児童文学論』高文堂出版社 1975
  • 『子どもの本の世界』高文堂新書 1976
  • 『昭和児童文学案内』高文堂新書 1976
  • 『高等学校国語教育と児童文学』高文堂新書 1977
  • 『鈴木三重吉の研究』明治書院 国文学研究叢書 1978
  • 『国語教育の遺産と児童文学』高文堂出版社 1984
  • 『昭和児童文学の研究』高文堂出版社 1984
  • 『国語教育の理論と課題』高文堂出版社 1987
  • 新美南吉と児童文学』高文堂出版社 1987
  • 『読書教育と児童文学』双文社出版 1990
  • 『国語教育の創造と読書』日本書籍 教育双書 1991
  • 『児童文学のある教室』高文堂出版社 1992
  • 『子どもと教育とことば』高文堂出版社 1994
  • 『児童文学批評と国語教育 昭和20年代の文献と解題』高文堂出版社 1994
  • 『子ども文化と教育のひずみ』高文堂出版社 現代ひずみ叢書 1996
  • 『マンガと読書のひずみ』高文堂出版社 現代ひずみ叢書 1998
  • 『国語教育と戦後民主主義のひずみ』高文堂出版社 現代ひずみ叢書 1999
  • 『詩と童謡の校長歳時記 小学校の教育を開く言葉』1‐4 らくだ出版 2001‐2003
  • 『いつくしむこころ 根本正義教育随想』書肆楽々 2004
  • 『校長徒然譚』書肆楽々 2004
  • 『子ども文化にみる綴方と作文 昭和をふりかえるもうひとつの歴史』KTC中央出版 2004
  • 『占領下の文壇作家と児童文学』高文堂出版社 2005
  • 『占領下の文壇作家と児童文学 索引』編 高文堂出版社 2005
  • 『研究とエッセー文学と教育の周縁 根本正義教授定年退職記念出版』高文堂出版社 2006
  • 『国語教育とマンガ文化 二十一世紀の課題と提言』ゆいぽおと 2010

共編著編集

  • 『幼児文化』家田隆現共著 高文堂出版社 就学前教育全書 1986
  • 『国語科教育法 資料中心』谷光忠彦,山本昌一共編 高文堂出版社 1990
  • 『国語教育基本文献』編 高文堂出版社 1993

編纂編集

  • 『少年小説大系 第10巻 戦時下少年小説集』編 三一書房 1990
  • 『少年小説大系 第16巻 佐藤紅緑集』紀田順一郎共編 三一書房 1992
  • 『少年小説大系 第27巻 少年短編小説・少年詩集』二上洋一共編 三一書房 1996

参考編集

  • 根本正義教授 略歴と業績(根本正義教授退職記念号) 学芸国語国文学 2007-03
  • 『文藝年鑑』2010年